FC2ブログ

京都の庭巡り

昨日の話です。
さぶるーさん
この日は京都の「さぶるー」さんとこでの間借り営業
店主は運転手としてついて行っただけなので一人でぶらぶら
京都観光してきました!!
桜はつぼみ
まずは一番好きな「竜安寺」へ 残念ながら桜はまだつぼみでした
アジア系の観光客は殆どいなくて欧米人と日本人はそれなりに居ました。
12年ぶり
晴れてポカポカしたかと思うと横殴りの雨と寒風が吹きつける
忙しい天気でしたが、ここの縁側に座ると心が落ち着きます。
帰ってブログを遡ると前来たのは12年前のことでした

妙心寺
次に訪れたのは竜安寺の少し南にある「妙心寺
竜安寺にも妙心寺にも参拝者用の無料駐車場があるのが嬉しいです。
この日特別公開で仏殿と明智風呂を公開していましたが…
妙心寺退蔵院
妙心寺のお庭といえばやはりこの「退蔵院」でしょう!!
30年ほど前の朧げな記憶を信じてみる
店主のほかにお客さんは1人しかいなかったのでほぼ貸し切り状態で楽しみました!
瓢鮎図
妙心寺退蔵院といえばこの「瓢鮎図」が有名です
「丸くすべすべした瓢箪で、ぬるぬるした鮎(なまず)を抑え捕ることができるか?」
と言う禅問答を日本画の開祖と言われている如拙が書いたものです。
元信の庭
そしてこちらが「元信の庭」
枯山水と言いながら青々とした常緑樹が背後に植えられているので
普通の枯山水とは少し趣が違いますがこれはこれで好きです。
ちなみに元信とは狩野元信(狩野派2代目)です。
余香苑
この退蔵院にはもう一つ大きな庭園「余香苑」があって
その入り口には樹齢50年ほどの立派な紅枝垂れ桜があります。
例年4月10日頃に満開になるそうです。一見の価値あり!!
水琴窟
苔むしたつくばいから滴り落ちた水が奏でる心洗われる音色
「水琴窟」
池泉回遊式庭園
こちらは枯山水ではなく池泉回遊式庭園で昭和のお庭
店主とほぼ同い年


続いて向かったのは「一休」「沢庵」「尾関宗園」等の名物和尚で有名な…
大徳寺大仙院
大徳寺大仙院」
写真撮影禁止だったので写真はありません…
30年前感動した枯山水とは印象が少し違うような…
特別公開
妙心寺でもやっていた冬の特別公開(3月18日まで)
大徳寺は何と!唐門と法堂の天井画!!これは見ないと損
天井龍
中はもちろん撮影禁止でしたが
法堂の天井画狩野探幽作「雲龍図」
圧巻でした!感動しました!!ずーっと見てられる素晴らしい作品でした
まじかで見れた唐門も案内係のお姉ちゃんの説明も素晴らしく
秀吉の栄華を極めた聚楽第の遺構というのも納得できる素晴らしい門でした!!
あうんの石庭
そして最後は大徳寺最古参の塔頭「龍源院」
何とこちらは撮影ОKでした しかも店主一人だけの貸し切り状態
写真は阿吽の石庭「吽の石」です。
碁石入れ
伏見城で豊臣秀吉と徳川家康が碁を打った時の碁盤と碁笥
「四季草木蒔絵碁盤 碁笥」
桐と葵の紋いりです。勝敗は如何に?
南庭
一枝坦と呼ばれるこの庭は左(写真手前)に亀島右(写真奥)に鶴島
中央に蓬莱山を配置する枯山水石庭の王道です。
龍の襖絵
方丈の襖絵
作者不明だそうですが、かなりの迫力です!!
竜吟庭
北側の庭「龍吟庭」
こちらは苔の海が広がっています。
東滴壺
「東滴壺(とうてきこ)」
日本一小さな石庭です。
一滴の水が小川となり大河になって大海にそそぐ様を表しているそうです、
30年ぶり
もしかして30年前店主を感動させた枯山水は大仙院ではなく
この東滴壺だったのかもしれない…
石と砂だけなのに何時までも眺めてられる

たまにはこんな日も良いなぁ…
関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する