エクアドル ナショナル再考

エクアドル ナショナル2種
昨年11月にやって来たエクアドル産カカオ豆
あまりにも苦くて渋いので販売を取りやめていますが
3か月ほど経ったので少しは落ち着いているか?と思い本日再テイスティング
メリディアンカカオ社
実は、先日の「クラフト チョコレート フェスティバル」に
アメリカのカカオ豆販売会社「MERIDIAN」が来ることを知ったので
あの苦くて渋いカカオ豆の正体を聞く為に女将に持って行かせていたのです。
素敵なお二人
GINO DALLA GASPERINAさんによると
「発酵不良の豆」と言うことでした…
(CCN51なのかナショナルなのかは確認できず…)
そして、カカオ豆のサンプルを山ほどくれたのでした!!
パッケージ
で、先週エクアドルを作ってみる
このエクアドルはグアヤス県バラオ地区にあるカミーノ・ベルデ農園のもので
発酵はBタイプ去年の12月に収穫されたものです。
カミーノ・ベルデ農園の詳しい情報はダンデライオンさんのホームページに
出ています。詳しく知りたい方はこちらへ
見た目は変わらない
生カカオ豆の見た目はうちが仕入れたものと全く変わりません。
外見上の欠点豆&クズ豆混入率も10%弱とそれほどかわりませんでした。
発酵不良豆
焙煎・皮むき後の豆割で除去した15%ほどの豆のほとんどすべてが
あの黒くて中が赤い「発酵不良豆」でカビ豆はありませんでした。
こちらの農園ではナショナルとCCN51を区画を分けて栽培しているので
やはりこの豆はナショナルの発酵不良豆ということで間違いなさそうです。
3号機デビュー
今回うちの3号機がデビュー
Premier 社のチョコレートリファイナーです!!
立花商店さんにあった最後の1台をゲット
上部を覆うことで65度の温度を維持できましたし中々良い感じです。
3種味比べ
で、エクアドル ナショナル3種味比べ
写真左が11月に作った発酵不良豆入りエクアドル ナショナル
写真中央が12月に作った黒い豆を全部排除したエクアドル ナショナル
写真右が今回作ったエクアドル ナショナル カミーノ・ベルデ農園です。
残念ながらうちの仕入れたエクアドル ナショナルはどちらも変わらず
苦くて渋いままでした…70%捨てた赤いほうは幾分ましですが…
カミーノ・ベルデ農園は苦味・渋味が無い訳では無いのですが
フローラルな香りを掻き消すほどではないので充分美味しいです。
只、クリオロのクリーンカップを知ってしまった店主としては
ちょっと嫌な重たさを感じてしまいます。
珈琲で言うとマンデリンでしょうか?
同じスマトラ産でもリントンタイプというクリーンカップを知ってしまうと
マンデリンが重く感じてしまうのと同じ気がします。
只、こちらの農園主のビセンテさんは美味しいカカオ豆を作る為に
色んなことに挑戦し研究しているようなのでもっともっと美味しく成る筈です!
そしていつの日か当店でもエクアドル ナショナルが販売できる日が…
来るかなぁ????
関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する