菜花と葉タマネギの親子丼

本日のお昼ご飯
本日の昼御飯
超旬食材『葉タマネギ』を使った親子丼
タマネギの葉っぱを食べるこの時期ならではのメニューです。
葉タマネギ
昨日抜いてきたうちの畑の極早生タマネギ
葉っぱは立派ですが、玉はほとんどできていません。
適当に切る
適当な大きさに切る
見た目はほとんどネギですが、切ってもあの葱の香りはありません
生でチョットかじってみると、ちゃんとタマネギの味がしました
昆布出汁
最近は手抜きして黄金出汁を取らずに昆布を小さく割ってそのまま炊いてます…
ちなみに白く浮いているものは枯れ節を包丁で削ぎ切りしたものです。
弱火で時間をかけて沸かしていきます。
白菜の菜花
白菜の菜花は軽く塩ゆでして置きます。
ちなみに、昨日食べた白菜の菜花は青臭さも苦味も無かったはずなのに
娘には『苦い!臭い』と拒否られました…
調理
昆布湯が沸いたら火を止め
薄切りにして塩糀を揉み込んで30分ほど置いた鶏モモ肉と椎茸を入れ
酒と味醂を入れ中火にかけ沸かします。
沸いたら葉タマネギの下のほうを入れ醤油を入れます
そのあと葉っぱを入れ
炊けたかな
落とし蓋をして炊きます。
いつも水の分量や調味料の分量が適当なので
店主の作る丼は何時もつゆだくです…
玉子とじ
なので、溶き卵に煮汁をタップリ加え混ぜ合わせてから鍋に入れます
菜花を乗せて蓋をして1・2分待てば完成です!!
完成!
丼に盛ればこんな感じ…
玉子が少なすぎて(汁が多過ぎて)とじられてないので
親子丼っぽく見えませんが味はちゃんと親子丼です!!
ネギとは違う美味しさ…?
肝心のタマネギの葉っぱのお味はと言うと…
『タマネギの葉っぱ』と言う味です…
不味くはないしそれなりの味わいもあるけど、飛び切り美味しい訳でもない…
以前食べた『葉ニンニク』のようなインパクトはありませんでした。
まぁでも、野菜の少ないこの時期に旬を楽しむには良いのかも…?
関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する