祝!カカオオブエクセレンス2015受賞

12月に入り本格的な冬の到来です!!
ニカラグア カカオ豆
首を長ーくして待っていたニカラグアingemann社のカカオ豆が先月20日に到着
各3kgを残し定温倉庫へ
珈琲生豆とカカオ豆の在庫量が同じくらいになった…
ingemann
ニカラグアのingemann社はデンマーク人のingemann家が経営する会社で
中米最大手の蜂蜜製造会社です。
2013年にxoco社のニカラグア部門を買収し、ファインカカオの生産を始めました。
詳しいことはまた後日紹介しますが…
無茶苦茶凄い事をやっている会社です!!
ルゴソ
ingemann社では現在6種類の単一品種を持っていますが
夢二香房では『チュノ』を定番として扱っていくつもりでしたが…
今回は『チュノ』と『ルゴソ』の2種類を買いました
その訳は…
カカオオブエクセレンス
カカオオブエクセレンス2015のエントリーがチュノではなくルゴソだったからです。
『カカオオブエクセレンス』
日本では全く知名度の無いこのカカオ豆の品評会は今回で5回目で
毎年10月に行われている『サロンドショコラ パリ』で表彰が行われる
由緒ある品評会です!!
回を重ねるごとにエントリー数も増え今回は35か国146件と言う応募でした。
この中からカカオマスの官能評価でトップ50が選ばれ
チョコレートに加工されて最終審査が行われ、地域ごと(アフリカ4・中米カリブ4
南米5・アジア太平洋4)にカカオオブエクセレンスが選ばれます。
国内大会優勝
国によって色々のようですが…
ingemann社は2014年のニカラグア国内大会で優勝し
カカオオブエクセレンス2015へのエントリー権を獲得したそうです。
そして今年の10月28日に
カカオオブエクセレンスを見事に受賞しました!!

ちなみに前回カカオオブエクセレンス2013では夢二香房の看板商品
ホンジュラスxoco社のマヤンレッドとベトナムピュラトスグランプラスが
受賞しています。
生カカオ豆
生カカオ豆はこんな感じです。
夏にingemannさんが来日した時にもらったサンプルより黒っぽいですが
去年のルゴソよりは欠点豆も少なく豆面も良いです。
ローストカカオ豆
ローストカカオはこんな感じです。
焙煎機でのローストを始めて約10ヶ月いちおの焙煎基準も出来上がりました。
今回の皮むき・豆割は女将が全部したので店主は豆割の時の香りを嗅いでません…
カビ豆は1粒怪しいのがあったくらいでほぼ完ぺきな状態だったようです。
ホワイトカカオがかなり多かったようで…
タブレット
カカオ豆72%甜菜糖28%のブラックチョコレートなのに
ミルクチョコレートの様な色合いです。そのせいか?
ミルキーでナッティ―です!!
後半にはドライフルーツのアロマが柔らかい酸味と伴に出て来ます。
タブレットポップ
ニカラグアはマヤ文明か?と問われれば困りますが…
ニカラグア北部の原生林に自生していたこれらのカカオ達はマヤ人が栽培していた
カカオの血を色濃く受け継いでいるであろうと言う店主の判断で
タブレットはマヤ文字入りのマヤ板です!!
粒チョコポップ
世界トップレベルのカカオを僅か70円で試せる超お買い得品!!粒チョコ
防湿・防香性に優れたジッパー付きアルミ箔袋10個入り700円もあります!
是非一度お試しください!!
チュノも販売中です!!
関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する