赤いシェラネバダ

今週作ったチョコレート
今週作ったチョコレート
今週作ったチョコレート
見た目はいつもと変わらないコロンビアシェラネバダ産カカオチョコレートですが…
実はこれお砂糖が入ってません…カカオ100%のチョコレート
ちょっとわけあってこんなものを作ってしまいまいました…
赤いの黒いの色々
上の写真はコロンビアシェラネバダ産カカオの大きくて肉厚の物を
20個適当に選んで皮を剥いたものです。
色の違いが分かりますかねぇ…?
赤いのが5個・赤黒いのが7個黒いのが8個あります。
かなりの違い
赤と黒を比べると一目瞭然!!
とても同じカカオ豆には見えません!!
見た目同様味も歴然と違います。黒は渋味、赤は酸味です
珈琲豆で言うと生焼けの浅煎り豆と焦げた深煎り豆くらいの差です…
でもこれはどちらも『生カカオ豆』なのです。
上が生豆下が焼き豆
カカオ豆は焙煎しても見た目はほとんど変わりません。
5%ほどの水分が抜けるだけなので…
少し縮む程度です。
写真は上が生カカオ豆で下がローストカカオ豆です。
今回はこの赤いほうのカカオ豆だけを使ってチョコレートにしてみました。
コンチング24時間・36時間・48時間
ついでにコンチング中の味の変化を検証する。
写真はお皿の右側から24時間・36時間・48時間です。
24時間と36時間のは鍋からスプンですくって垂らしたっだけのもので
48時間のはテンパリングしています。
カカオマス
…で
出来上がったシェラネバダ産カカオ100%のチョコレートのお味は…
『酸っぱいバター…』
甘味が全くないのでレーズンでもオレンジでもない只の『酸』
そして滑らかな口どけ…というよりも『油』です!!
カカオ豆の半分以上が油脂と言うのが実感できる油感です!!
1週間くらい置けば角が取れてくるかもしれませんが…?
ちょっとチョコレートとは呼べる代物ではありません!!
和蜂蜜かけ
和蜂蜜を塗って食べるとチョコレートになりました。
でも…
粉糖かけ
粉糖をまぶして食べても美味しくはならなかった…
油脂分が50%以上なのでテンパリングは楽だから
何か甘いものにコーティングすれば…
と思い
たちばなのかりんとう
今日、お客様から頂いたばかりの銀座『たちばな』のかりんとうを…
(久しぶりに食べた銀座『たちばな』のかりんとうはやっぱり美味かった
御馳走様でした。)
こんなんしてみました
3パターンのチョココーティングかりんとうを作ってみました。
世の中に『チョコかりんとう』なるものは沢山ありますが…
コーティングがカカオマス100%のものはまず無いでしょう!!
これはまぁまぁいけます。
でも、銀座『たちばな』のかりんとうはそれほど甘味の強いかりんとうではないので
コーティングしたものはイマイチでしたが…
上掛けしたものはなかなか美味しいものになりました!!

今回の『赤いシェラネバダ100%』は非売品ですが…
興味のある方はご来店のうえ、店主に一声かけて見てください

今月のデザート
ちなみに今月のデザートは
京都久美浜産天草で作った自家製寒天の珈琲寒です!!
ご来店!お待ちしております!!
関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する