FC2ブログ

夏越しの祓

気が付けば6月も最後の日…なんだか涼しい6月でした…
早1年の半分が終わりました…
そうです!今日はこれを食べて半年の穢れを払う日です!
水無月
水無月です!!
前々から作ってみたいとは思っていたのですが…
小豆を乗せた外郎と言うのがイマイチピンとこなかったので
今回が初挑戦になります。
十勝産大納言
まずは上に乗っている小豆から
上に乗っているのは餡子ではなく小豆の蜜煮です。
今回は十勝産大納言を使用。作り始めたのは昨日です。
炊飯器で炊く
出来るだけ胴割れさせないように煮る為に炊飯器を使いました…
ハンドピックして(欠点豆混入率1%以下)良く洗った小豆250gを
炊飯器の釜に入れお水を5合の目盛りまで入れ炊飯スタート
渋切り
炊飯完了で保温になったらザルにあけ渋切りをします。
そしてもう一度炊飯器の釜に入れヒタヒタの水を入れ
炊飯スタート!煮汁が無くなるのが良いそうです?
小豆の蜜煮のj完成
でもちょっと水が少なすぎたようで…爆発した小豆も結構いました。
別鍋に甜菜糖200gと水150ccを沸かし
そこへ小豆を投入し湧いたら火を止め蓋をして一晩ゆっくり冷まします。
そして今日煮汁を取り出し甜菜糖200gを加え煮詰めていきます。
煮詰まってきたら小豆の鍋に戻し沸騰させます。
沸騰したら火を止め蓋をしてゆっくり冷ませば
小豆の蜜煮の完成です!!
蜜を切っておく
これを150gザルにあけ汁気を切っておきます。
次は外郎生地を作ります。
外郎生地は上新粉やもち粉等色んなレシピがありましたが…
今回は
外郎生地作り
白玉粉と葛粉と小麦粉と甜菜糖で作りました。
いちお全部国産です。
外郎生地の完成
まず、葛粉30gと白玉粉20gを水200ccに溶きます。
別のボールに小麦粉70gと甜菜糖80gを入れよく混ぜ合わせます。
そこに少しずつ水溶き葛&白玉粉を混ぜ入れていきます。
滑らかになったら茶漉しで濾して型に流しいれます。
型はパウンドケーキの型を使いました…
80ccほど生地を残しておきます。
型に流し蒸し器で蒸す
強火で20分ほど蒸します。
蒸し上がり!
20分たったら蒸し器からだし小豆の蜜煮を上に並べます。
残しておいた生地を上からかけもう一度蒸し器の中へ
また強火で10分蒸せば出来上がり!!
ゆっくり常温でさまし食べる前に少し冷やします。
三角に切る
三角に切って完成です!!
水無月の三角に切った外郎は暑気払いの氷を模しているそうです。
昔は夏に氷で暑気払いできたのは皇族ぐらいだったのでしょう
それに倣って、珈琲のグラニタを添えてみました
水無月と珈琲のかき氷…結構あいます!!
中々の出来でした!!
市販品のヌチャヌチャした食感があまり好きではなかった外郎ですが…
そこそこの切れもあり、ねっとり感もありの好いバランスでした。

さぁ後半戦もガンバロー!!
関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する