FC2ブログ

コピ・ルアック

手提げ袋になってます。
今日、お客様から『幻の珈琲』と呼ばれている『コピ・ルアック』を頂きました!

コピ・ルアクとはコーヒーの実を食べたジャコウネコの糞から取り出された
コーヒー豆のことで…その希少性から日本ではバカ高い値段で売られています。
ジャコウネコのイラスト
頂いたものはどうやら日本の焙煎屋さんの物ではなく
現地の珈琲会社の物のようです。
結構浅め
豆面は予想以上に綺麗で「上等なマンデリンの浅煎り」と言う感じでした。
味は…
意外に?変なえぐみや雑味もなくとても飲みやすい珈琲でした。
マンデリンではなくリントンタイプのようです。
ただ残念ながら…
ジャコウネコ由来の香味はおろか「味わい」と呼べるような
美味しさは見当たりませんでした…
コーヒーの実を食べる
ジャコウネコの体の中で精製されたコーヒー…
理論上は最高の精製方法かもしれませんが…
(確かに精製の不備で付く悪い味は無かった)
でも元々の珈琲の質は変えることはできないでしょう。
現にロブスタ種のコピ・ルアックはかなり安値で売られているようです。
で…
この珈琲会社のホームページを発見!
それによると店主が飲んだこのコピ・ルアックはブレンドのようでした…
値段は100g7.6ドル(640円ほど)で売られていました…
コピルアック100%の物は100g50ドル(4200円ほど)でした…
糞まみれのパーチメント
本物は10g420円!!と言うことは
店主が飲んだコピルアックブレンドには10%程しか入ってない
と言うことになります…   テンションがた落ち…

夢二香房は
「希少価値」という上っ面の付加価値よりも
「真の美味しさ」という本質的な価値を追求していきます!!
関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する