FC2ブログ

曽爾村は近かった その1

夏休み最終日の今日、家族で奈良の秘境?『曽爾村』に
涼みに行く予定でした
…が
昨日、娘の夏休みの宿題プリント紛失事件が発生し中止になりました…

でも、どうしても行きたかった店主は朝3:30に起き
お昼までに帰るつもりで独りで曽爾村行きを決行しました!

奈良県と三重県の県境にある曽爾村は遠く離れた山奥で
軽く2・3時間はかかるというイメージでした…

午前4時真っ暗の中、奈良公園―田原町―針―榛原―伊勢街道
曽爾村というルートで走りました。
さすがに午前4時の山道は針―榛原間を除いて
1台の車も走ってなく…対向車さえも1・2台でした…

家を出てちょうど1時間後の午前5時には曽爾村の入り口の
長いトンネルを出たところでした

奈良から1時間!!
早朝とは言え予想以上の近さでした!!
曽爾村に入ってまず目に飛び込んできたのは…
鎧岳
暗闇に浮かぶ曽爾村のシンボル『鎧岳』でした!!
夜明け前の暗がりにくっきり浮かび上がった鎧岳
神々しさに満ち溢れていました。
(写真は後で撮ったものです。)
曽爾高原
とりあえず、曽爾村と言えばススキの名所『曽爾高原へ』
まだススキは穂が出始めたばかりですが…
青々とした草原の緑に圧倒されました!!
そして寒かった……
曽爾高原亀山から亀池を望む
結構深い霧で見晴らしは良くなかったのですが…
高原内の遊歩道をこ1時間ばかし早朝ハイキング!!
もちろん平日の朝6時前!人っ子一人いませんでした!!
済浄坊の滝
次に向かったのは『済浄坊の
薄暗い森の中にあってそこだけ銀色に輝いていました!
岩肌の黒と流れ落ちる水の銀色のコントラストが見事でした!!
その次に向かったのは『屏風岩公苑』
屏風岩
残念ながら霧が深くて岩肌が写真には写っていませんが
高さ200m幅2kmの岩壁は圧巻でした!!

時刻は8時すぎになりようやく人が動き出したようです。
お腹がすいたのでお店を探して村内をうろうろ
コンビニは見つかりませんでした……
やっと見つけた『よろずや』さんでパンとジュースを購入。
ついでに今日の真の目的『美味しい湧水を持って帰る』の
情報収集
(実は先日お見えになった曽爾村在住のお客様から
軟水の美味しい湧水があると聞いていたのですが…)

そのお店のおばちゃんによると村中いたる所に
湧水があってそれぞれお家に引いて使っているとのこと…
そういえばこの村は花崗岩等の良質のフィルターに囲まれた
村なのでそこらじゅうに石清水が湧き出しているのも頷けます。
曽爾川
村内を流れる曽爾川(青蓮寺湖に注ぐ)の透明度の高いこと!!
野生の鵜?らしき鳥が魚を捕まえる瞬間を見ることができました!

『毎分何十リットルも湧き出している美味しい天然水』を汲んで帰る
この目的は店主の執念で村役場の観光課の方によって叶えられました!
先日いらしたお客様は村では有名人のようで
その方の名前を出すと地図までくれて場所を教えてくれました。
湧水取水所
そこは普通に道の傍で何の案内もことわり書きもなく
大きなタンクがドンと置いてあってバルブ付きの2本の太い蛇口から
ジャージャーとお水を垂れ流していました!!
さらにもう1本別の管でも垂れ流していました!!
源泉かけ流し!
早速蛇口の水を手で受けてゴクゴク
ツメテェーウメェー
冷たくて軟らかくてとても美味しい!!
ひとしきり飲んだ後、持ってきた瓶やペットボトルに詰める
1リットルのペットボトルがいっぱいになるのにものの数秒…
いったいどれほどの量が湧き出しているのやら…

明日ご来店のお客様にはこの美味しい湧水で淹れた
不比等珈琲を200円で提供します!! 数量限定


続きはまた明日!!
関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する