ペルー ピウラ

2月です、チョコレート月です…
巷ではバレンタイン商戦で盛り上がっているようですが、
夢二香房はカカオ豆の焙煎がようやく完成に近づいたと言う状況です。
そんな中、待望のペルーのカカオ豆が入荷しました!
CPX
6kg入りの袋が2個ダンボール箱の中に入っていました
どうやらアマズフーズ社から買ったカカオ豆をCPXペルー社で
更に選別し、ビニール袋に詰め直して輸出しているようです。
ペルーピウラ
今回入荷したのは数あるペルーのカカオ産地の中でも特に有名なピウラ産です。
ピウラはペルーの北西部にある古い街でネイティブクリオロと呼ばれている
ホワイトカカオが多く残る地域です。
賞味期限2019年5月7日
カカオ豆の袋に貼られたラベルによれば
賞味期限は2019年5月(2017年5月に収穫・発酵したものか?)
保存方法は「20℃~25℃の涼しく乾燥した環境に保管してください」とある
20℃~25℃を涼しいと言うのだろうか?
現在の生カカオ豆の保管温度13℃は冷たすぎるのでしょうか???
生豆
ピウラの5月は雨期のようで皮の色は赤味がありませんが
クリオロらしく皮は薄いです。
でも一番びっくりしたのは…
欠点豆
捨てる豆がほとんどない事!!
焙煎する4kgの豆をハンドピックして捨てる豆はたったこれだけ
普通は外見上カビまみれの豆やペラペラの皮だけの豆
小さすぎる豆や夾雑物が色々入っていたりして10%ぐらい捨てる豆が
出るのですが、1%も捨てる豆が無いという素晴らしい豆です!!
CPXクオリティコントロールに感謝です!!
これぞ!スペシャルティカカオ豆!!
ローストカカオ豆
焼き上がりはこんな感じ…ちょっと煎りが足らないかなぁ
皮が薄い分豆の表面が焦げやすそうだったので早めの煎り止め
カビ豆&虫食い豆
焙煎後の皮むき割り豆チェックでもその品質の高さを実感!!
焙煎豆2kg中「中カビ豆」たったの2粒・「虫食い豆」これだけ
後、黒い皮に反して中のニブは赤いものが多かったです。
好評販売中
クリオロらしい渋味や苦味の無いクリーンで円やかな味わいから
「ブライト アシディティ」と呼ばれる特徴的な酸味が来て
その後もナッツやカカオのフルボデイが続く
ネイティブクリオロと言う品種の上質さに発酵・乾燥・選別等の
精製上の上質を併せ持った素晴らしいカカオ豆です!!

こんな素晴らしいカカオ豆を日本に入れてくれた
サン・エイト貿易様本当に有難うございます。