吉田農園さんの田圃

昨日の話です。
夢二香房の夏休みの一日目
ここ数年お世話になっている滋賀県の吉田農園さんを訪問
涼しい
でもその前に琵琶湖バレイへ涼みに行きました。
といってもこの日は結構涼しかったのですが…
蓬莱山山頂
夢二香房を8時に出て精華町の山手幹線から第2京阪→阪神高速京都線→1号線
湖西道路で琵琶湖バレイ山麓駅まで2時間弱
ロープウェイで雲の中へ
雲の中からびわ湖
標高1100mの山の上はもうすっかり秋でした!!
下から雲が沸き上がって来ていたので琵琶湖の景色はいま一つでしたが…
時折顔を出すお日様と爽やかな秋風がとても気持ち良かったです!!
湖岸道路を北上
ひとしきり秋を満喫した後、琵琶湖大橋を渡り湖岸道路を北上
2時間弱で長浜に到着。

吉田農園さん到着
吉田農園さんは長浜市三川町にあります。
ホームページはこちら
突然の訪問にもかかわらず田圃を案内して下さいました。
夢ごごちの田圃
最初に案内してもらった田圃は無農薬のコシヒカリと夢ごこちの田圃
右奥の山は浅井3姉妹の小谷城のあった所です。
株間が広い
吉田農園さんの凄い所は有機無農薬栽培を『売り』にするのではなく
あくまで『お米の美味しさ』を追及していて
有機無農薬の同じ田圃で取れたお米でも美味しさが足らなければ
『長寿米』として売らずに『準長寿米』となり値段も下がります。
また、写真の様に株間を広くとって単位面積当たりの収量を犠牲にしてでも
お米の美味しさを優先しています!!
ゆめごこち&こしひかり
『実るほどこうべを垂れる稲穂かな』
9月5日頃収穫が始まるそうです。
低農薬米の田圃
次に案内してもらったのが我が家のお米『低農薬米』の田圃
見た感じは先ほどの無農薬の田圃と違わない…
「環境こだわり農産物」の標識
低農薬米』とは農薬・化学肥料の使用量を通常の半分以下で
栽培されたお米のことだそうです。
この田圃で使う農薬は田植えの時に埋める除草剤1回限りだそうです。
(稲はある程度の大きさになるまでは雑草に負けるそうです)
我が家の今年のお米
普通、農薬と言うと害虫駆除の為の殺虫剤を思い浮かべますが…
この地方では虫による害はまったく無いそうです!!
EM菌や米糠等の有用菌による土作りで病気も無し!!
蛙にタニシ
先日の豪雨で田圃に水が溜まってましたが…
その中にはタニシ(外来種?)やカエルが沢山いました。
限りなく無農薬に近い低農薬米です!!
米箱
来月の中ごろに届くこのお米が例年以上に楽しみです!!

《おまけ》
茶真さんのメニュー
お隣の『あ・うん』さんに教えてもらった関西唯一の『ホワイト餃子』のお店
長浜駅前にある『茶真』さんに寄って…
ホワイト餃子
ホワイト餃子を食べた後、『あねがわ温泉』に浸かって
北陸道→京滋バイパス→24号で帰ってきました。

夏休みのお知らせ

ブログはずーっと夏休みですが…
パッションフルーツ

夢二香房

8月26日~29日まで

夏休みとさせていただきます。

中はこんな感じ


もうじき秋です!!
気持ちをリフレッシュして今週末からまた頑張ります!!

ラタトゥイユ2013

8月です!暑いです!!
これの季節です。
ラタトゥイユ
今年で4回目となるラタトゥイユ(全部自家製は3回目)
ズッキーニ・茄子・トマト・ピーマンが中々揃わないので何時も年に1度だけです。
今年はピーマン待ちだったのですが…ズッキーニがそろそろやばそうだったので
昨日作りました。
材料
材料はイタリアントマト・玉ねぎ・ズッキーニ・ピーマン・パプリカ・鷹の爪
茄子・にんにく・オリーブオイルと何時もの塩糀ではなく今年は岩塩で挑戦!
野菜は全て今年採れた有機無農薬の自家栽培野菜です。
にんにく&鷹の爪
ようやく乾燥したにんにくもちろん芽は出てません
これを叩いて潰した後スライスします。2片使いました。
鷹の爪2本はヘタと種を取ってみじん切りに
これらを鍋に入れオリーブオイルも入れて弱火にかけます。
小豆島産オリーブオイル
オリーブオイルは去年の秋に絞りたてを頂いた小豆島産
惜しげも無く全部使いました。
タマネギ
タマネギは香味用と具用を切る大きさで分けてましたが…
今年はペコロス(大きくならなっかた玉ねぎ)を具にしました。
玉ねぎを炒める
薄くスライスした玉ねぎを鍋に加え弱火で炒めます。
炒めながら他の野菜を準備します。
ズッキーニ
もう終わりかけのズッキーニ黄色1本と丸ズッキーニ1個
緑ズッキーニと交雑した丸ズッキーニ1個
輪切りやダイス状等色んな切り方で食感の違いを楽しみます。
茄子
茄子は今が盛りの黒十全と賀茂茄子
これも色んな切り方で…それとあく抜きはしてません。
鍋に入れる
タマネギが透明になったら茄子とズッキーニとたまねぎと…
入りきらなかったので鍋を大きくしました。
軽く混ぜながら炒めます。
イタリアントマト
イタリアントマトは今が最盛期です。
でも、勝手に生えてきて野生化しているので完熟を見つけるのが大変です。
サンマルツァーノ種の筈なのですが…F2?なのか交雑したのか?
変な形のものが多いです。
ヘタと芯を取って適当な大きさに切って鍋に入れます。
皮はそのままです。
煮込む
弱火で蓋をして1時間ほど煮込みました。結構野菜から水が出て来ました。
ペコロスが煮えて無かったので蓋を外してもう30分煮込む
ピーマン系は焼く
今年唯一不作なピーマン系…なんとかパプリカが色付きました。
黄色1個と赤4個(そのうち2個は未完熟)は魚焼き器で焼いて
皮を剥き一口大に切る。
ピーマンは種を取って一口大に切りフライパンでさっと炒めた後
鍋に加えます。
煮汁を煮詰める
一通り火が入ったら具をザルにあけ煮汁だけを少し煮詰めます。
(残念ながらここでの煮詰め方が甘かったようです…)
一晩置いて冷やす
煮詰めた煮汁を鍋に戻し一晩置きます。
次の日冷蔵庫で冷やせば完成です!!
完成
うーん…今年も赤くない…
それに具が何時ものようにクタクタになってない…
個々だと美味しい
個々に食べればそれぞれの味わいが際立って充分美味しいんだけど…
ラタトゥイユと言う料理になってないような気がする…
塩が足らないのか?トマトが足らないのか?バッタモンのイタリアントマトが駄目なのか?
こくが無い!一体感が無い!味わいが少なすぎる!!
『優しい味』という最も店主の嫌いなフレーズが似合う味…
スパゲティには…
実は冷製スパゲティのソースとして使ったのですが…
全然ダメでした…
ヤッパリ塩糀の力は偉大だ!!
ズッキーニがまた採れたら再チャレンジします。