富山旅行~3日目

富山旅行最終日の今日は残念ながら早起きが出来なくて
9:00にチェックアウト、途中道を間違えて南砺市福光新町の
石黒種麹店さんに着いたのは10:00でした。
江戸中期の建物
石黒種麹店さんは福光の中心古い街並みが残る新町通りにあります。
石黒種麹店さんの建物自体江戸中期のものだそうです。
屋としての創業は明治28年ですが作りは江戸時代から生業として
続いているそうです。
その為、糀(明治時代にできた国字)ではなくを使ってるそうです。
石黒種麹店さん
前もって『麹の話を聞きたい』とお願いしていたので店先ではなく
奥の間に上がらせていただきました。
江戸中期の建物の外観も凄いけど中はもっと凄かった
中も凄い
囲炉裏の上のドデカイ自在鉤に黒光りしている太い梁…
昨日の合掌造りの村上家に勝るとも劣らない素晴らしさ!!
そして感動のご対面!!
念願の麹蓋とのご対面
是非とも生で見たかった麹蓋…
それも糀が入った状態で見せていただけるなんて…感動です!!
思っていた以上に長く大きなものでした!!
そこに1升の米糀なので厚みはかなり薄いです!!
でも、糀の菌糸が上へ上へと伸びているので厚く感じられます。
肉眼でも糀の花が見えそう
肉眼でも糀菌の菌糸が見えそうなくらいフワフワです!!
お米粒の形はかろうじて残っていますが…
お米1粒1粒が全て糀菌で埋め尽くされています!!
これが石黒種麹店さんの米糀の凄さです!!

甘酒やお茶やおかきを頂きながら
ブログには書けないあの人やあのテレビ局の裏話や
糀に関する様々なことをご教授頂きました。
尚、その内容は後日当店ホームページの『逸品館』にアップする予定です。

石黒種麹店 社長石黒八郎様 お忙しい中、4時間に亘る有難い講義
本当にありがとうございました。
『栄吉』の襲名心よりお祈り申し上げます。

尚、9月4日発売の週刊朝日に石黒種麹店の麹室と記事が
2ページにわたって出ますのでそちらも要チェックです!!


創業80年老舗おかき屋さん
石黒種麹店さんの近所にある老舗のおかき屋さんで白えびせんべいを買い
福光インターから東海北陸道を南下岐阜県の美濃関ジャンクションを
東に折れてちょっと寄り道…
こちらも古そう
こちらも古そうな建物です…こちらは岐阜県川辺町にある
花美蔵の蔵元『白扇酒造』さんです。
大きな杉玉

何故?お酒の飲めない店主がわざわざ遠回りして寄りたかったのか?
それは白扇酒造さんは…店主が去年の暮あたりからハマっている味醂
福来純本味醂の蔵元でもあるのです!!
白扇酒造さん
暖簾をくぐって店内へ
とりあえず福来純本味醂の1升瓶とホームページで見てずっと気になっていた
料理酒も1升瓶で…
店員さんの話ではこの料理酒と福来純は相性抜群だそうです!!
そしてもっと気になっていた福来純の10年物『古古美林』
250ml入り1000円の小瓶を発見!!
悩んでいたら店員さんが『味見してみますか?
福来純を封を切らずに7年置いとくとこれになりますが…』
と言いつついれてくれました…
『アルコールはやばいよなー』と思いつつも一舐め…
『なんじゃこりゃ!!』
濃厚なのに爽やか!キャラメルのような濃厚な甘味と旨味に上品さがある!!
アルコール臭さはあまり感じない!!濃縮味醂シロップ!!??
是も非も無く1本買いました!!
醸造タンク?
もちろん白扇酒造さんのページも逸品館にアップします!!
(いつの日か…)
そしてこの町で気になったもう1軒のお店へ…
鈴木商店さんの
奇しくも白扇酒造さんのお酒と味醂を販売している
地元の酒屋さん『鈴木商店』さんで飛騨街道名物 小田巻
なんと最後の5本でした…残ってて良かった。
小田巻
1つ120円と言う値段を考えるとこんなもんですかねぇ…
変な味は無いけど小豆の味も無い…
でもなんか懐かしいような素朴な味で食べずにはおれない!!
これはこれでアリですねぇ…

夕方美濃川辺を後にして帰路に着く…名古屋経由東名阪から163号
途中名古屋でゲリラ豪雨に遭遇したりガス欠危機に見舞われたりしながら
東名阪御在所岳サービスエリアで名古屋飯の晩御飯
子供たちはきしめん、女将は名古屋コーチンのお店で普通の親子丼
店主は味噌カツ定食

その小奇麗なサービスエリアで
なんと、あのモクモクファームまでが瓶詰めの常温保存ができる
殺菌済み塩糀を販売してました…

今回立ち寄ったサービスエリア・道の駅は10か所以上ですが…
そのすべてで売られていた塩糀塩糀ブームはまだまだ続いてる?
でもそのすべてが熱殺菌かアルコール(酒精)殺菌された糀菌の
死骸だらけのまがいもの塩糀でした。

そんなこんなで夜の10時に奈良に到着!!
とってもハードだったけどかなり中身の濃い
いい旅でした!!

富山旅行~2日目午後の部

五箇山で美味しい山菜料理を堪能した後
次に向かったのは…
小牧ダム
飛越合掌ラインの入口近くの小牧ダムの少し下流にある
秘湯湯谷温泉です。
額
鄙びた風情が何とも言えない将に秘湯です!
風情タップリの湯治場
いわゆる湯治場で宿泊もできるようですが…
素泊まりが基本のようです。
この日は全くの無人でした…
近所のおばあちゃんが一人バイクで浸かりに来てただけです。
料金箱
立派な玄関を上がったところに料金箱?が置いてありました
入湯料は大人500円です。と書いてありましたが子供料金の
表示はありませんでした…
長ーい廊下
両脇が客室の暗い長い板張りの廊下を進み
青いビニールシートが屋根代わりのコンクリートの階段を
川岸のほうまで下りていきます。
川のはた
ちょっと判りにくいですが…
白いセメントの補修跡があるところがお風呂の屋根です。
入口のアコーディオンカーテンを開けると脱衣所です。
窓のないコンクリートの壁
そしてこれがお風呂です!!男湯です。
コンクリートの壁に囲まれた窓のない空間です。
天井は高く女湯と繋がってます。
シャワーはもちろん洗い場さえありません
バズーカ砲からお湯が
浴槽は結構広くとにかく深いです!!
柱の横の金属製のバズーカ砲からいきよいよくお湯が吹き出しています。
将に源泉かけ流しです!!
お湯は程よいぬるさで、ヌルヌルでもサラサラでもないのにミョーに
『効いてる!』と言う感じ…
大正13年の成分分析表
温泉成分分析表は大正13年に従四位勲三等薬学博士平山松冶さんと
試験主任 従七位 志甫徳次郎さんが分析したもの(現物)が飾られていました。

湯谷温泉を後にして
瓜裂清水
日本の名水100選にも選ばれた『瓜裂清水』で水を汲み
道の駅・地元のスーパー・ホームセンター(コメリやムサシ)をめぐりながら
(この時期茄子の種は何処にも売っていませんでした…)
一時ホテルへ帰還

晩御飯まで少し時間があったので…
富山湾の天草の話を聞こうと思っていた伏木の『ところてんのおく』さんへ
ところが…
店らしきものはなく普通のお家の玄関に
『夏が暑かったので今年の営業は終了しました』と言う張り紙が…
けっこうなご高齢と聞いていたのでその身を案じつつその場を去りました。
(氷見港で天草買っといてよかった…)

そして!今日の晩御飯は今回の旅行のメインイベント
白海老とのご対面です!!
割烹かわぐち
今年は白海老も不漁と言う情報が入っていたので念のため
『割烹かわぐち』と言うお店を予約していました。
懐石ではなく定食なのに個室を用意していただいていました。
店主が食べたのは白海老膳スペシャル2750円
普通の白海老膳1600円に
ビスク&寿司
この白海老のビスクと白海老の握り寿司が付きます。
白海老のビスクは淡く繊細な白海老の風味を凝縮した濃厚な冷製スープで
変な海老くささもなくすううーと入ります…何杯でも飲めそう(飲みたい!)
そしてお寿司は…
言うことなし!!
只々美味い!!の一言に尽きます!!口福口福
白海老御膳
ホテルの朝食でも感じたのですが…
富山のお米は美味しいですねぇ…普段白米はあまり食べないのですが
おかずの美味しさを引き立てる良い御飯でした。
白海老そうめん
これは白海老そうめんです。
茹でた白海老が2尾のってます。茹でただけの白海老も美味しいです。
そうめんはほんのり海老風味…味は普通です。
白海老サラダ
サラダにも素揚げ?の白海老が…白海老は美味しかったけど
ドレッシングがビミョウでした
白海老のかき揚げ
揚げたての白海老のかき揚げはサクサクジュワジュワで美味しかったけど…
一緒に入っていた人参と南瓜がサクサクの食感をちょっと邪魔してました。
2つ付けるならせめて1つは白海老だけで揚げて欲しかったです。
白海老のお刺身
そしてやっぱり美味いのは
白海老の刺身!!です。
甘海老やボタン海老が小豆で伊勢海老が大納言小豆なら…?
白海老はやっぱり白小豆!!それも味わいの濃い備中白小豆!!
淡く繊細な風味がしっかり感じられる極上の逸品!!

白海老のふりかけ
これはいま一つでした…
白海老クッキー
女将が気に入って買って帰った『白海老クッキー』
今年は遂に旨味(アミノ酸)スイーツブームの到来か?????

念願かなって大満足の好い一日でした!!
そして明日最終日はもう一つのメインイベント
石黒種麹店さん訪問です!!

富山旅行~2日目午前の部

富山旅行2日目は何故か午前3:00に目が覚めたので…
真っ暗の中氷見港
でも氷見港も真っ暗でした…
夜明け前の氷見港
そこで今度は新湊漁港へ新湊は富山湾随一の白海老の水揚げ港です。
午前4:00過ぎ数隻の漁船がもうすでに入っていました。
新湊漁港の脇に『白海老天丼』の看板を掲げた食堂がありましたが…
まだ開店準備中でした。
富山湾の夜明け
海岸線を車でブラブラしてたら海が段々ピンクに染まってきた…
海に浮かぶ立山連峰からの日の出を期待していたのですが…
分厚い雲に覆われて立山のたの字も見えませんでした…
夏はもっと北側の水平線に近いとこからの日の出のようです。
夜が明けた氷見漁港
午前5:20の日の出を見届けて再び氷見港
先ほどとは違って活気に溢れていました!!
写真右下は魚の選別をしているところです。
魚市場食堂『海寶』
そして氷見漁港にある魚市場食堂『海寶 かいほう』さんへ
でも、『お魚料理は7:30からです。』と言われ ガックリ…
でも、そこでお宝発見!!
富山湾の天草(マグサ)ゲットしました!!

で、ホテルへ戻り無料の朝食バイキング
結構おいしかったです。

そして富山旅行2日目の本番です
今日の旅程は女将が作りました。
チューリップ公園
富山と言えばチューリップと言うことで?
砺波市のチューリップ公園へもちろんチュ―リップの季節ではありませんが
カンナと言う花が満開でその花畑が迷路になってました。
五連水車
結構広い園内には花畑の他にも、砺波郷土資料館、旧 中嶋家住宅、
SL中越弁慶号などがありますが中でも日本最大級の五連水車は圧巻です!
でも店主は暑さと寝不足でダウン気味…
そして次に向かったのは…
らせん水車
南砺市にある螺旋水車の館
田圃の中の用水路の脇にある無人の水車小屋です。
水門が閉じられていたので回っていませんでしたが…
『木製』と言うのが驚きでした!!

次に向かったのは世界遺産
白川郷・五箇山の合掌造り集落

重文 村上家
白川郷と言えば岐阜県ですが白川郷の隣のこきりこ節で有名な
富山県五箇山も世界遺産なんです!!
写真は富山県南砺市上梨地区にある国の重要文化財『村上家』です。
家の中
入館料300円で家の中を見学できます。
囲炉裏と鉄瓶に入った薬草茶がお出迎え
手前には湧き水が出る土間や火薬を作っていた硝煙まや
等があり
昔の道具
2階3階4階?には昔の道具がイッパイ展示?されていました。
続いて上梨地区から車で10分ほど奥に入った
五箇山 相倉合掌造り集落
相倉地区へ
この地区には大小・新旧合わせて20数件の合掌造りの家があります。
写真は『絶景撮影ポイント』と言う案内板に誘われて行った
崖の上から撮ったものです!!
茶店 まつや
その中の1軒『茶店 まつや』さんでお昼御飯
こちらはお土産物やさん兼食堂です。
まつや定食
藁葺き屋根の合掌造りの建物ですがエアコン完備の座敷で頂きました。
店主が食べたのは『まつや定食 1450円』で
お蕎麦・天麩羅・五箇山豆腐・山菜郷土料理・おむすび・お稲荷さん・漬物です。
天麩羅や煮物は普通でしたが、山菜料理(写真右上の角皿)は変な味が無く
ちゃんと山菜本来の味がして美味しかったです!!
でも、土産物コーナーで売ってる山菜は変なものが入っているものばかりでした…
残念…

長くなってきたので一度ここで切ります。
午後は温泉と白海老尽くしです!!

富山旅行~一日目

今年の夏休みは念願の富山旅行でした。
念願とは…
2009年の冬に食べた白エビのてんぷらに感動して以来
『いつか富山で白エビの刺身を食べるぞー!!』
と心に誓っていたのです…
それに加え
『富山湾の天草を手に入れる』
『石黒種麹店さんの麹蓋を見る・話を聞く』
『いしりを買う』『奥能登の揚げ浜塩を買う』
『巾着茄子の種を手に入れる』
『白扇酒造さんで福来純古古美醂と料理酒を買う』

と言う数多くのミッションが重なったのです。

果たして店主は全てのミッションを
クリアできたのでしょうか??

北陸道徳光PAより
奈良を9時半に出て京滋バイパス・名神・北陸道をひた走る。
奈良から約270km絶景のサービスエリア徳光に到着
ここでお昼御飯『加賀野菜天丼』特に感想無し…
夏の日本海は穏やかですねぇ…
そして次に着いたのは…
七尾湾
富山ではなく石川県の七尾市です。
さすがに奥能登に行く時間はないのでここで
『いしりを買う』『奥能登の揚げ浜塩を買う』のミッション遂行…
でもその前に…いいモノ発見!!
足湯
妻恋船の湯』という無料の足湯です。
目の前が七尾の海と言う抜群のロケーションです。
海風が心地よい
アクセルの踏みっぱなしで攣りかけた足には最高のお湯でした!!
そう!!ここは和倉温泉なのです!!
実は和倉温泉にケーキを食べに来たのでした!!
加賀屋さんの隣
和倉温泉と言えばあの超有名旅館『加賀屋』さんですが…
その加賀屋さんが運営している美術館が加賀屋さんの隣にあります。
輪島塗の名工『角偉三郎』さんの漆器の展示と
ル ミュゼ ドゥ アッシュ
七尾市出身の超有名パテシエ辻口さんの美術館とカフェがあるのです。
平日の夕方にもかかわらずカフェには行列が…
お持ち帰りも順番待ち…
一通り館内を見て回りましたが…
作品よりもその周りのしつらえや内装デザインに圧倒されました。
凄い美術館です!!
辻口さんのケーキ
お持ち帰りでホテルで食べたケーキ
写真右上から『ルージュエノアール』 ¥520 『オペラマンダリン』 ¥480
『セラヴィ』 ¥550 不明
 写真下左『エーグル』 ¥520 『クラシックショコラ』 ¥450です。
セラヴィとエーグル
店主が食べたのは『ピスタチオの風味とベリーの酸味をホワイトチョコレート
ムースで包み込んだエレガントさを感じる逸品』のセラヴィと
『レモンの酸っぱさにヘーゼルナッツの香りとミルクチョコレートの組み合わせ』
のエーグルです。
どちらも普通に美味しかったです。
只、どちらも万人向けの優しい味わいで感動するほどの
インパクトはありませんでした。

1泊朝食付きで3500円
今回のお宿は今流行の『スーパーホテル』高岡南店です。
天然温泉浴場と朝食が付いて一人1泊3500円と言う驚愕の安さ!!
キングサイズ?のシングルベット(幅140cm)と幅90cmの
ロフトベッドの2人部屋です。バストイレはセパレートでした。
思ってたより綺麗で快適な宿でした。

尚、石川県でのミッションですが…
地元のローカルスーパー『どんたく』には置いてませんでした…
仕方なく、いしりは道の駅でゲットしました。
塩は似たものは売ってましたがかいませんでした。

ちなみにこの日の晩御飯は
『きときと寿し氷見本店』という回転寿司
高いお皿は美味しかったです…(後は普通に美味しい)
この日白エビは封印しました。

夏休みのお知らせ

朝顔
8月もボチボチ終わりですが…
夏は終わりそうにありません…
暑い奈良を逃れて涼しい富山に避暑…と思ったら富山も結構暑そう…
フェーン現象?

…と言う訳で
8月27日(月)~8月30日(木)は

夏季休業とさせていただきます!


8月31日(金)より通常営業します。
吉岡さんの玉子もあります。
ネットの発送も金曜日からです。
トマト
夢二香房の植木鉢たちが枯れないことを祈る…

メロンと西瓜の収穫

今日は待ちに待ったメロン(授粉後40日)と西瓜(授粉後30日)の
収穫日だったので朝から畑へ
先日の大雨の被害はありませんでした。
メロン畑
今年は快調に見えたメロンですが…
雑草を刈ったあの日のすぐあと
何故か?全部枯れてしまいました…
枯れてます…
なので4個ともあの日のままの大きさです…
果たして無事完熟しているのでしょうか??
有刺鉄線で守られた西瓜
有刺鉄線で守られた西瓜は少しツツカレタ跡がありましたが…
なんとか無事完熟しているようです。
でも本当に小玉です…手のひらサイズの西瓜!!
収穫
写真ではよく分かりませんが…
一番大きいメロンがソフトボールサイズです…
残念な結果
早速割ってみると…
3男坊4男坊はメロンの風味のかけらもなくそのままゴミ箱へ
次男坊は少しメロンの風味はありましたが…
ぜんぜん熟していなくてゴリゴリでした…
長男は追熟
長男坊は少し期待を持って、2・3日置いて追熟してみます。
せめて1個ぐらいは美味しく食べたいなぁ…
ちなみにメロンの横のは表皮が黒ずんできたので摘果したレモンです。
西瓜
今年は獣害に悩まされた西瓜…今年唯一の収穫です!!
包丁を入れるとパリンと割れる超完熟です!!
白いところがほとんどありません!!
甘くて美味しかった!
甘くて瑞々しくてとても美味しかったです!!
西瓜の苗3株174円で1個の収穫なので1個174円の西瓜です!
獣害対策の出費が少しありましたが来年も使えるので…
まぁ良しとしておきましょう。

新月の日に咲く?
今週末夢二香房の珈琲の木がまた花を咲かせそうです!!
是非この機会をお見逃しなく!!
御来店!待ちしております!!

めでたねでたのパッションフルーツ

苗木
本日、来年のグリーンカーテン用のパッションフルーツ
苗が1つ出来上がりました!!
この苗は5月20日の植え替え時に水に挿した
水耕栽培
先端部分の穂です!!
ちなみにこの時土に挿したものはすべて枯れてしまいました。
この水に挿した穂も一度は枯れかけたのですが…
粉をまぶすと
多孔質で高品位の珪酸を多量に含む発根促進剤
スーパーゼオライト」という白い粉をまぶしてやると…
根が出た
僅か10日ほどで根が出て来ました!!
根っこが出ると同時に新芽も成長を始めました
芽が出る以上に根が出るのは感動的です!!
根っこの成長
普段は土の中で見ることのできない根っこの成長の様子も
瓶の中ならよく分かります。このまま水耕栽培してみようか…
とも思ったのですが水の管理が難しそうなので止めました。
立派に育った根っこ
それにまだ8月の中旬なのでうまくいけば9月くらいには
1つか2つぐらい花を咲かせることもできるでしょう
植え替え
…と言う訳で植木鉢に植え付け…
「果樹・花木・苗木の土」を鉢底石を敷いたプランターに入れ
タップリの水をかけ苗を埋める…
かなり水はけの良い(良過ぎる)土のようです…
自立できないくらい蔓が伸びているので添え木棒を挿す。
これで完成!!
根っこ
でも、切り口にスーパーゼオライトをまぶして水に挿しているだけで
これほど簡単にパッションフルーツの苗が出来るなんて!!
驚きです!!今日第2弾の水挿し穂を作りました!!
来年の春はパッションフルーツの苗屋か??

そして来年の夏こそはパッションフルーツのシロップでかき氷!!

パッションフルーツの実
一粒種のパッションフルーツの実は真夏の日差しを浴びながら
静かに完熟へと向かっています!!
珈琲の実
珈琲の実もちょっと『実』っぽくなってきました!!



人参の種蒔

気が付けば8月も中盤…
立秋も過ぎ暦の上では秋です!!残暑全開の暑さですが…
秋と言えば冬野菜の植え付け!!
人参の種
…と言うことでトップバッターは人参です。
毎年天気予報とにらめっこしながら種を蒔いていますが…
明日から少し雨が降りそうなので今朝種蒔をしてきました。
(最近5時起きとか出来なくなりました…)
人参畑種蒔前
2週間ほど前に(正確に言うと2週間経ってませんが)
牡蠣殻石灰・油粕・米糠を入れて耕した人参畑…
耕した後はフカフカだった土も既に砂漠状態…
鍬を少し入れ、たっぷりの水を撒いた後
種を蒔く
人参畑種蒔後
種が乾かないように刈り取った青い雑草を敷く
人参の種と雑草の種の区別がつかない!!
これは失敗かも…
一部はドンゴロスで覆ってやりました。
無事芽が出ますように…祈!!
夏人参
ちなみにこちらは先日かぼちゃと雑草から救出した夏人参
そろそろ収穫です…
葉っぱが枯れてたのを2・3本掘ってみましたが…
あまり大きくなっていませんでした…

あと
きゅうり苗
夢二香房で7月19日に種を蒔いた「ときわかぜみどり」の苗が
植え付け時期になったのでこれも今日植えました
植え付け
人参畑の横、えんどう豆の後を人参畑を作る時に
一緒に耕していたのです。
枯草を敷く
胡瓜には天日乾燥された雑草をタップリのせておきました。
今年は結構豊作だった胡瓜塩糀がフル回転でした。
その中でも「ときわかぜみどり」は一番美味しかったので
秋胡瓜にも期待大です!!
夏胡瓜
ちなみに夏胡瓜はすべて枯れました…
我が家の食卓は当分胡瓜無しです。
かぼちゃにも獣害
とうとうカボチャにも獣害が…