料理用りんご『プラムリー』

料理用りんご『プラムリー』
去年も頂いた調理用りんごの『プラムリー
今年も同じお客様に頂きました…「ありがとうございます。」
プラムリー研究会編のレシピブックも貸してもらいました。
材料はこれだけ!
そのレシピブックに載っていた英国の家庭の味
『アップルクランブル』と言うのを作ってみました。
材料は薄力粉90g・砂糖(甜菜糖のグラニュー糖使用)40g
バター50g・料理用りんごのプラムリー1個(約300g)だけ!
クランブルを作る
まず、クラムを作ります。
小麦粉と砂糖を篩って小さく切ったバターに合わせソボロ状にします。
実も青い
プラムリーは皮をむき芯を除きくし切りにします。
皮をむくと実は鮮やかな緑がかった白です!!
180度で30分焼く
バターを薄く塗った耐熱容器にプラムリーを並べ
その上にクラムをかけて
180度のオーブンで30分ほど焼きます。
珈琲プリン添え
トロトロになった甘酸っぱいプラムリーと
カリカリと香ばしく甘いクラムが絶妙!!
こんなに簡単にこんなに美味しいデザートが出来るとは……!
とろとろりんご
恐るべしプラムリー!!
あまりにも簡単で美味しかったので…
調子に乗って
『プラムリーミートローフ』
と言う料理用りんごの真骨頂?にチャレンジ
(ちなみにミートローフ自体初めて作ります…)
挽肉・玉ねぎ・パン粉・牛乳・生姜・酒
挽肉300gちょい・みじん切りの玉ねぎ小1個・玉子1個・パン粉少々
あと、レシピには無かったけど生姜のみじん切りと酒少々を加え
粘りが出るまでしっかり練ります。
茄子・椎茸・りんご
次に茄子(自家栽培大長茄子)と椎茸・シメジを小さく切って
プラムリーも茄子や椎茸と同様に小さく切り(実際は大きめでした…)
ざっくり混ぜ合わせます。
170度で50分焼く
耐熱容器に入れて170度のオーブンで約50分焼きます。
出来上がり!
お酒が多かったのか?パン粉が少なかったのか?
結構煮汁が出て来て「焼いた」と言うより「煮た」感じ…
美味しい!!
それでも味は…
かなり美味い!!
りんごの酸味と挽肉の旨味が合わさって
なんかとても不思議な美味しさ!!
初めて体験する味わい!!
将に!
料理用りんごの真骨頂です!!

竹糖の葉の上で…

先日までの暑さは何処へやら…
一気に秋がやって来ました!!コーヒーシーズン到来です!!
でも、今日も珈琲の話ではありません…
左が8月4日で右が8月18日
夏休みに徳島の服部製糖所さんでもらって来た竹糖の苗
(ススキじゃないよ…)
酷暑の中グングン成長して2カ月足らずで…
元気に育った竹糖
珈琲の木を抜き身長1mを越えました!!
餌(肥料)は貰ってませんが水だけは毎日のように貰っています。
水のやり過ぎか?涼しくなってきたからなのか?
根元のほうが枯れたようになってきました…
葉っぱが喰われてる…
あおい葉っぱも何者かに喰われているみたいです…
こんな雑草みたいな葉っぱでも食べる虫がいるのか?
いました…
カマキリ発見!
カマキリが…
じゃなくてその鎌に獲物が…
カマキリ様様
枯れ草色に衣替えした茶色いカマキリ君が
竹糖の葉っぱを食べてまるまる太った緑色の虫を逆さのまま
しっかり持っていました。
そして
お食事中
美味そうに…
ムシャムシャ…
カメラを気にしながら?食べました。
(途中で虫を持ったまま珈琲の木の茂みの中に消えました)

あっ!まだおる!!
細い葉っぱを丸めて隠れていました!!
蛾の幼虫か何かでしょうか???
何かの幼虫

カマキリ君
これからも竹糖を守って頂戴!!

…で
ここで重要なお知らせです!!
明日9月25日(土)は神功小学校の運動会の為
誠に勝手ながら夢二香房の開店時間を
15:00オープンとさせていただきます。
悪しからず御了承願います。

ブロッコリーの植え付け

何の花でしょう?
大根の種蒔き・白菜の植え付けに続き今日は
ブロッコリーとキャベツの植え付けをしました。
ブロッコリーの植え付け
特に好きで植えてるわけではないのですが…
大したお世話もいらないし、結構長い間楽しめるので
我が家の冬の食卓の必需品です。
茎ブロッコリー&普通のブロッコリー
写真左は『茎ブロッコリー』でその名の通り花蕾はもちろん葉っぱや茎も食べれます。
いつもの「愛栽家族」で一株58円です。
右は普通のブロッコリーで4株セットで198円でした。
自家製キャベツ苗
夢二香房で種蒔き・育苗したキャベツ苗…
ちょっと虫に食われてしまいましたが…何とか無事定植完了!!
ちなみにキャベツも苗で買うと1株50円くらいしますが
種からだと1株当たり10円以下で済みます。
下仁田ネギの苗
毎年、『秋植え野菜の変わり物』をこの時期に植えるのですが…
今年は目ぼしいモノが無かったので…
白ネギの苗を買ってみました…(九条ネギはそこらへんに生えているので…)
深植え
深い穴を掘って底に苗を植え、成長に合わせて土を被せていきます。
58円の一つのポット苗を分解して4×2の8本にして植えました。
収穫は来年の冬??か
赤大根の芽
大根もこないだの雨でいっぱい芽を出しました!!
追加の種を播いたのは失敗だったかも?
白菜も順調
白菜もちゃんと根付いてくれたようです!!
ピーマン初生り
今夏全滅だったピーマンが今になって元気になり
花が咲いて、実を付けました!!
もしかしてこれから最盛期か??
正解は紫蘇でした!

珈琲の美味しい季節がもうそこまでやって来ています!!
ボチボチ、新入荷珈琲豆のご案内をしないと……

白菜の植え付け

いつもは畑に種を直播きする白菜
今年は雨が降らないので、夢二香房にて種蒔き・育苗
元気に育った白菜
種蒔き後2週間でこんなになりました!!
今日は雨が降りそうだったので昼から畑に植え替えに行ってきました。
根鉢がしっかりできていました!
セルトレイと言うチッチャなスペースだったので根鉢がしっかり出来て
いたので楽に植え付け出来ました。
2本出ている所はそのままで植えました。
4×12株
2つの畝に4列12株で48個の収穫予定です。
この冬も白菜三昧の日々が送れるといいなぁ…
虫除けネットを被せて
たっぷりの水をやり虫除けネットを張って完成です!
根切虫や芯喰い虫の被害に会いませんように…祈る
大きくなぁれ
夕方、結構強い雨が降ったけど…大丈夫だろうか??


砂漠化した大根畑
こちらは先週の金曜日に直播きした大根畑です。
土曜日に1度水遣りした後はホッタラカシでした…
何日かは夕立が降ったと思っていたのですが…
カラカラに乾いて砂漠化してました…
大根の芽らしきものは皆無……
おっ!
もしや?……居た!
盛り上がった土の下に芽らしきものを発見!!
でも、生きているのか死んでいるのか??
ど根性大根1号2号?
よーくよーく見ると
3つ・4つ大根の芽が出ていました!!
この干上がった大根畑から根性で芽を出した大根
こいつらはきっと丈夫に育ってくれることでしょう!!

もちろんこの後追加の種を播いて帰りました。
今度はちゃんと水遣りしに来よう……多分

吉野で密会?蜜会?

昨日はぬるべ陶房さんのお誘いで吉野のとある場所で…
グアテマラのコーヒー生産者に会ってきました!!
大宇陀松山城址より世界遺産を望む
なぜ吉野にグアテマラのコーヒー生産者が????
あまり詳しいことを聞いてなかった店主は良く分からないまま
大宇陀を越え吉野の玄関口にある
『吉野見附三茶屋』
吉野見附「三茶屋」
こちらは今年の4月に『工房街道』さんプロデュースでオープンした
工房作品や農産物、加工品の販売、ものづくり体験ができる施設です。
何でもこの日、グアテマラから日本文化の研修?に来ている方々がいて
その中に珈琲生産者の方もいたようです。
記念撮影
お昼休みの時間を利用してお話を聞かせていただきました!
で!!
お二人の話を聞いたのですが…
どちらもとてもメジャーな生産者組合の方々でした。
ネルソンとエディ
まず、写真左のネルソンさん…
あのスローフードの『Slow Food Presidia』に認定されている
グアテマラ ウェウェテナンゴの生産者組合の方で
マヤの先住民族の方々がブルボン・ティピカ・カツーラ等の
アラビカ純粋種のみを栽培しているそうです。
今年の『テッラ・マードレ(イタリアで行われる世界生産者会議)』にも
招待されているそうです。
お土産
こんな可愛いお土産を頂きました。

写真右のエディさんは
本業はウェウェテナンゴの市議会議員さんで
ウェウェテナンゴのla libertad地区とsan pedro necta地区に
モンテクリスト?」「ミラールヴァジェ?」「アグアドゥルセン?」
3農園を経営?していて過去にアナカフェのコンテストで優勝した
こともあるそうです。
そう言えば
2009年のカップオブエクセレンスで2位に輝いた農園も
ウェウェテナンゴの「モンテクリスト農園」でしたが…
果たして?同一の農園なのでしょうか??

ちなみに現在当店で販売中のニカラグアの「モンテクリスト農園」は
2010年のニカラグアカップオブエクセレンス2位に輝いた
モンテクリスト農園と同一の農園です!!
モンテクリスト農園の豆
可愛い袋に入った珈琲豆を頂きました。

今日のこの素晴らしい出会いが
夢二香房に新たな素晴らしいグアテマラ珈琲をもたらしてくれるか
どうかはまだ分かりませんが…
大きな期待が持てる出会いでした!!

こんな素晴らしい出会いを提供して戴いた
村田武一郎先生・ぬるべ陶房大浜さん・太平洋人材交流センターの
北村さんそして通訳をしていただいたJICEの椋田さん
本当に有難うございました!!

洞川湧水群の『泉の森』
その後一足伸ばして天川村の洞川温泉にある
「泉の森」の天然水を汲んできました。

干上がっても頑張る野菜たち

久しぶりの畑です…
昨日恵みの雨(夕立)が降ってくれましたが
この1週間は水やりも行ってません…
9月と言うのにこの暑さ…
今日は死ぬ気で頑張りました…(4時間ほどでギブアップ)
実はいっぱい付いたけど…
栗の木は去年の木津川氾濫の御蔭で沢山の実を付けていますが…
この日照りで全然、大きくなっていません…
収穫まであと1月ちょい…雨よ降ってくれ―
さつま芋畑
「収穫まであと1月ちょい」と言えばさつま芋もですが…
左の砂地に植えた紫芋・安納芋の方はほとんど死にかけです…
右の鳴門金時のほうは一応元気ですが…どうでしょう??
夏野菜生き残り
一応元気な夏野菜(トマト・カボチャは終わりました。)
左:夏植えのきゅうり結構採れてます!!
中:相変わらず虫だらけの茄子畑ですが…そこそこ収穫出来てます。
  (虫食いだらけのなすですが…)
右:いつもなら2m近くになっている地おくらも今年は
  1m足らずです…でも5株あるのでそこそこ収穫出来ています。
元気な落花生
何故か?元気な落花生!!
今年で3年目ですが…一番大きくなっています。
カラスの仕業…?
落花生の赤ん坊が土から出ていました…
隣のおばちゃんの話では
「カラスが掘り起こして食べている!」そうです!!
ネットで覆う
店主はあれの為だけに育てているのでちょっとくらいは
食べられてもいいのだけれど…
防鳥ネットを掛けてみました。
小豆
これは、8月に苗を植えた小豆です。
雑草の中にいるほうが元気です。
上に蔓を伸ばした方は葉っぱの色が黄ばんでいました…
奇蹟的に出た人参の芽
こちらはお盆の頃に種を播いた人参です!
タイミング良く雨が降ったので…
奇蹟的?に芽が出ました!!でもまだヒョロヒョロです。
おせち用の金時人参も無事に育っています。
そろそろ冬野菜の始まりです!!
冬野菜の植え付け準備
大根と白菜の為の畝を作りました。
元肥は鶏糞・油粕を少々石灰も少々まきました…
白菜の芽
白菜は夢二香房で種蒔き済みです
発芽率がほぼ100%だったので
60株ほどの苗が出来そうです!!

雨よ降れ―

コピ・ルアック

手提げ袋になってます。
今日、お客様から『幻の珈琲』と呼ばれている『コピ・ルアック』を頂きました!

コピ・ルアクとはコーヒーの実を食べたジャコウネコの糞から取り出された
コーヒー豆のことで…その希少性から日本ではバカ高い値段で売られています。
ジャコウネコのイラスト
頂いたものはどうやら日本の焙煎屋さんの物ではなく
現地の珈琲会社の物のようです。
結構浅め
豆面は予想以上に綺麗で「上等なマンデリンの浅煎り」と言う感じでした。
味は…
意外に?変なえぐみや雑味もなくとても飲みやすい珈琲でした。
マンデリンではなくリントンタイプのようです。
ただ残念ながら…
ジャコウネコ由来の香味はおろか「味わい」と呼べるような
美味しさは見当たりませんでした…
コーヒーの実を食べる
ジャコウネコの体の中で精製されたコーヒー…
理論上は最高の精製方法かもしれませんが…
(確かに精製の不備で付く悪い味は無かった)
でも元々の珈琲の質は変えることはできないでしょう。
現にロブスタ種のコピ・ルアックはかなり安値で売られているようです。
で…
この珈琲会社のホームページを発見!
それによると店主が飲んだこのコピ・ルアックはブレンドのようでした…
値段は100g7.6ドル(640円ほど)で売られていました…
コピルアック100%の物は100g50ドル(4200円ほど)でした…
糞まみれのパーチメント
本物は10g420円!!と言うことは
店主が飲んだコピルアックブレンドには10%程しか入ってない
と言うことになります…   テンションがた落ち…

夢二香房は
「希少価値」という上っ面の付加価値よりも
「真の美味しさ」という本質的な価値を追求していきます!!