スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンフルーツの花

咲くぞー
昨日のお昼前…
畑から帰ってくるとドラゴンフルーツの蕾がこんな感じでした…
これを見たら今夜咲くのは確実です。
咲き始め
ちょっと油断してたら午後8時前にはもうこんな感じで
咲き始めていました!!
午後8時
花びら1枚の長さは15cm超!!
完全に開けば直径30cm超……!!スゴイ!!
午後9時
午後9時だいぶ開いてきました!!
とにかくデカイ!
午後10時完全に開ききってはいませんが…
花の直径は20cmを越えました!!
人工授粉
朝の野良仕事の疲れから睡魔が襲ってきたので…
この辺であきらめて人工授粉をする。
もやしのようなおしべから花粉をとり
綺麗なパステルグリーンのイソギンチャクのようなめしべに付ける。
うまくいったかなぁ?
なんせ、めしべもデカイので…
いっぱい付けたつもりでも…付いてるのか?付いてないのか?
良く分からない???
無事授粉出来てますように
午後11時
うまく授粉していれば10月10日頃収穫です!!
ちなみにこれは白肉種なので自家受粉が可能なのですが…
赤肉腫は自家不親和性なので別の品種の花粉がいるそうです。
一夜限り
一日しか咲かない!それも一夜だけ…
それもこんなにデカクて清楚でハデ?な花
月下美人』の名にふさわしい素晴らしい花でした!!

去年の春からほったらかし栽培で1年ちょい
(冬の間は店内に入れていました。)
こんな素晴らしい花が咲くのなら
来年はもうちょっとお世話してもうちょっと沢山花を咲かせよう!!
スポンサーサイト

かぼちゃきんとん

満月の夜に…咲かず
臨戦態勢?で臨んだ昨日の満月の夜は残念ながら咲いてくれませんでした…
…で今日は、気お取り直してお菓子作り…

ロロンと言う名のカボチャ
今年大豊作のカボチャの中でもお菓子向きのカボチャらしい
ラグビーボール型の『ロロン』を使いました。
「ほくほくして栗みたい」という評判なので…
カボチャきんとんを作ってみました!!
皮を全部剥けばよかった
皮をむいて適当な大きさに切ります。
弱火でじっくり蒸します。
蒸し器で30分ゆっくりと火を通します。
ゆっくり熱を加えた方が甘くなるそうです。
(カボチャの量は570gありました。)
裏漉しして砂糖と合わせます。
柔らかくなったら熱いうちに裏漉ししてお砂糖と合わせます。
今日のお砂糖は甜菜糖のグラニュー糖で110g使いました。
(カボチャの分量の2割を目安にしました。)
もう一度裏漉し
砂糖がカボチャと馴染んだらもう一度裏漉しします。
粒餡を包む
こないだ作った粒餡が少し冷凍庫に残ってたので…
これをカボチャ餡で包んでみました!!
目の粗い濾し器でそぼろを作る…
カボチャ餡を粗めの濾し器でそぼろを作る。
これを餡玉にまぶすのですが…結構難しい…
かぼちゃきんとんの完成!
ちょっとブサイクですが…何とか完成!!

『きんとん』と言うと普通はお正月に食べるあれですが…
和菓子屋さんで『きんとん』というとそぼろ餡をまぶした和菓子です。

小豆とかぼちゃの相性抜群!
激ウマのの逸品です!!


今日は咲くかなぁ…?
今日も咲かないようです…

平城遷都1300年祭

昨日の話です…
平城遷都1300年祭『光と灯りのフェアー』に行ってきました。

夢二香房のある平城ニュータウンは住宅地なので…
平城遷都1300年祭の盛り上がりの蚊帳の外ですが…
会場にはビックリするほど沢山の人がいました!!
光の天平行列
天平行列はエレクトリカルパレードのように天平衣装の上に電飾を着けて行進
暗くなるとぐっと地味になります…
光の作品展
こちらは一般公募より選定された『平城宮 光の作品展』の作品たちです。
テーマは『平成 まほろばの光』だそうです…
燈花会@大極殿
奈良公園の燈花会大極殿前庭に再現!
ライトアップされた大極殿とろうそくの灯りが幻想的でいい感じでした。
光のインスタレーション他
他にも色々ありましたが…
店主にはよく分からない難しいものばかりでした…

当然、かなりの距離を歩きましたが…それほど暑くはありませんでした。
この平城遷都1300年祭『光と灯りのフェアー』は8月27日(金)まで
やっていますので興味のある方は行ってみてください。

いよいよ明日!満月の夜
いよいよ明日!!咲くはず……!?

紫蘇シロップ

夢二香房特製『全部天然フレーバーシロップ』の第3弾!!
元気な青紫蘇
酷暑の中、肥料はもちろん、水も貰ってないのに
隣のおばちゃんにもらった苗がすくすくと育った…
青紫蘇です。
死にかけの赤紫蘇
ちなみに、勝手に生えてる赤紫蘇は死にかけで、色も抜けてます。
無農薬なのでよーく洗います。
最初は葉っぱを一枚一枚収穫してましたが…
途中から枝ごと収穫しました…
約450gありました。
これをよーく洗って水けを切ります。
90度30分
鍋にお湯を沸かし紫蘇を放り込み30分ほど煮出しましした。
さすがは無農薬・無肥料栽培!!殆どアクは出ませんでした。
店の中が紫蘇の香りでいっぱいになりました…
布(さらし)で濾す
布で濾すと1200ccもありました(水が多すぎた…)
ちょっと味が薄かったので…
葉っぱも絞る
葉っぱも搾ってみました。
熱いうちにお砂糖を溶かす
熱いうちに甜菜糖のグラニュー糖500gを溶かします。
全体量が2リットル超になりかなり甘かったので…
レモン果汁を入れる
レモン果汁を手搾りで1個分加えました。
青紫蘇シロップの完成!!
水や炭酸で3~4倍に割って飲めばほんのり紫蘇が香る
爽やかな健康ドリンクになります!!
もうちょっと濃い目の紫蘇エキスにしないとシロップと呼べない…
上の娘は『美味しい美味しい』と言って飲んでくれますが…
下の娘は匂いを嗅ぐだけで『無理!!』と言って飲んでくれません。
紫蘇は体に良いのに…

次の満月の夜…!!
とうとう(やっと?)この花が咲きそうです!!
乞うご期待!!

冷やしかも川うどん生醤油かけ

暑い日が続いています…
こんな日は冷たい麺をツルツルっと…
…と言う訳で今日のお昼は冷やしうどんです。
かも川うどん
先日、岡山で買って来た『かも川うどん』です!!
岡山県では普通にスーパーで売っています。(1袋130円前後)
店主が子供の頃、家で食べる『ざるうどん』はいつもこれでした。
乾麺です。
去年、20数年ぶりに食べたのですが…
その時、衝撃の事実を知りました。
実は…店主はこのうどんは『稲庭うどん』だと思っていたのです。
何故なのかは記憶にありませんが…
「干しうどん」イコール『稲庭うどん』と単純に思い込んでいたのでしょう?
それが『備中特産』の文字に???
製造者:岡山手延素麺株式会社???
『稲庭うどん』という全国区のうどんと思いきや…
とってもローカルなうどんでした!!
茹で時間12分蒸らし5分
たっぷりのお湯でたっぷり12分茹でた後
5分ほど蒸らして流水でもみ洗い
結構手間がかかります…
完成じゃないよ
冷やした温泉玉子(もちろん吉岡鶏園の玉子)と
店主手作りの鶏団子と大葉と黒胡麻で飾る
今日は出汁ではなく…
藤野さんの極上生醤油
生醤油をかけて食べます!!
藤野醤油さんの『生醤油』で2年前初めて食べてその香りの高さに
驚きました!!
去年までは通販では買えなかったのですが…
こないだから通販でも買えるようになっていたので早速買いました!!
火入れをしていないので酵母が生きています。
開けたてはものすごく良い香りです!!
香りは日々変化していきます!!
温泉玉子との相性も抜群!!
うどんとの相性はもちろん!冷やした温泉玉子との相性も抜群です!!

もちろん、讃岐あたりで食べられているダシ醤油を使った『醤油うどん』
ではなく再仕込み醤油100%の正真正銘の『生醤油うどん』です!!

美味かった!!


採りたて…カボチャのポタージュ

本日収穫分
今朝収穫したての『ほっこり姫』を使って
冷たいポタージュを作りました!!
でも、カボチャほど≪採りたて新鮮!!≫
が意味のない野菜はないでしょう……
採りたてのカボチャは澱粉が多く甘味が少ないのです!!
収穫後の追熟により澱粉が分解して糖分になり甘味が増すのです。
薄くスライス
でも、今日使ったほっこり姫は畑で一部分が腐りかけてた奴なので
色もしっかり黄色くなっていて甘そうでした。
これを皮をむいて薄くスライスします。
弱火でゆっくり火を通す
鍋にバターを溶かしスライスしたカボチャを入れ、弱火でゆっくりと火を
入れていきます。鍋底にこびりついたカボチャを木べらでしっかりこそげます。
塩糀を入れ炊く
カボチャが柔らかくなったら一旦火を止め塩糀と水をヒタヒタにいれます。
本当はブイヨンか出汁を入れるようですが今日はカボチャだけの味で行きます。
塩糀は澱粉を糖に分解してくれるので甘味が増すはずです!!
カボチャがトロットロになったら火を止め…
牛乳で割る
氷水に鍋を漬け粗熱を取ります。
ミキサーにカボチャを入れ牛乳で濃度を調節しながらより滑らかにします。
これをよーく冷やせば冷製カボチャのポタージュの完成!!
よーく冷やして召し上がれ!
採りたてカボチャだけど…
甘くて美味しいカボチャのポタージュでした!!

カボチャの収穫

今朝、久しぶりに畑へ水やりに行きました…
カボチャ畑
カボチャ畑も株元のほうはほとんど枯れました…
「今年は手をかけて増収を目指すぞ」と言っておきながら
相変わらずの放任栽培でした…(摘芯なし・整枝無し)

こないだの雨が原因なのか?
何個か腐りかけているカボチャを発見!!
そこで急遽完熟しているものだけ収穫することに…
本日収穫分
今年のうちの畑のカボチャは4種類各1株づつ植えたのですが…
(夢二香房のカボチャ畑2010はこちら)
1つを除いて全て成功です!!
本日の収穫分
ほっこり姫8個(腐りかけ含む)
ロロン 3個
九重栗 2個です。
ロロンのぶらさがり
ロロンは後2個ぐらい収穫できそうです!!
カボチャのデザートがいっぱい作れそう!!
ほっこり姫宙生り
大豊作のほっこり姫はまだ、10個以上未完熟実が残っています!!
もう既に我が家の食卓を飾っています!!

九重栗は後、2個ほど残っています。
来年の春まで食べれるかな…
4種のカボチャ
家に帰って記念撮影…!
右下はロロンほっこり姫に負けて勢力拡大出来なかった
ミニミニカボチャの『プッチーニ』の一粒種!!
お盆のお供えの為13日に収穫済みです。
持って帰る時ミョーに重たかったので…
体重測定もして見ました!!
プッチーニとほっこり姫
ミニミニサイズの『プッチーニ』は僅か133g
ミニサイズの『ほっこり姫』は400g~1kg超
ロロン約2kg
ラグビーボール形の『ロロン』は2kgほどあります。
白い九重栗3kg超
『白い九重栗』はずっしり重い3kgオーバー!!

今年もまずまずの収穫があったので(ありそうなので…)
来年の春までカボチャを買わずに済みそうです!!

こんなん作ってみました。
早速、こんなん作ってみました!!

珈琲寒天

珈琲ゼリー?
珈琲ゼリーを寒天で作る…
去年、伊那食品さんの『寒天の授業』を受けてから
ずっと作ってみたかった珈琲寒天ぜりー
『ふとしたきっかけ』…で作ってみました。
糸寒天
寒天は天草100%の糸寒天を使いました。
最近はオゴノリを原料としているものが多く
天草100%の寒天は貴重です!!
でも国産の文字が無いので…
モロッコかチリ産でしょう……?
ちなみに国産天草の最高級品は三重県志摩市和具産だそうです。
30分ほど水で戻す
それでは作り方
まず、糸寒天5gを水に漬け30分ほど置きます。
糸寒天がふやけたらしっかり洗い水気を絞ります。
寒天を煮溶かす
鍋に糸寒天と水(300cc)を入れ火にかけ寒天を完全に煮溶かします。
コットンドリップ
珈琲を淹れます…
今回は『ケニア ムシャガラ 中煎り』を使いました。
通常珈琲ゼリーは深煎りの豆を使いますが…
今回は寒天を使うので敢えてムシャガラの中煎りを使いました!
60gの豆を中細挽きで自家製コットンフィルターで
4分かけて300ccを抽出しました。
型に流す
倍の濃さに抽出した珈琲液を寒天を煮溶かした鍋に火を止めてから
入れてよく混ぜ合わせます。
型に流し入れ冷やし固めます。
牛乳シロップ
ここで牛乳シロップを作ります。
特別牛乳100ccと和三盆(三谷製糖さんの砂糖入り)50gを
鍋に入れ、弱火で10分ほど煮詰めた後冷やします。
(牛乳:砂糖を1:1でも良かったかなぁ…)
珈琲寒天
1時間弱で固まりました!! 良い感じの硬さです!!
完成!
二口大に切った珈琲寒天に牛乳シロップをたらし
その上にこないだ作った手作り粒餡を乗せ
その上からもう一度牛乳シロップを垂らして完成!!
珈琲寒天粒餡牛乳シロップがけ
寒天とゼラチンの決定的な違いは…
溶ける温度です!!
固まる温度はどちらも36~40度なのですが…
溶ける温度はゼラチンが36~40度なのに対し
寒天は88~92度にならないと溶けません!
つまり!
口の中で溶けるゼラチンゼリーと違い寒天ゼリーには口溶けはありません。
その代わり噛むたびにコーヒーの香りが立ち登ります!!
この『噛んだ時に珈琲液が溢れだす!』という特性をより活かす為
ムシャガラの中煎りを使ったのですが…
結果は大満足です!!
珈琲寒天を噛むたびにムシャガラの爽やかなフレーバーが口いっぱいに
広がります。
無糖でも充分美味しい珈琲寒天です!!
(娘が珈琲寒天だけを美味しい美味しいとパクついていました。)
又、粒餡や牛乳シロップとの相性も抜群でした!!

そのうち夢二香房の『裏メニュー』として登場!!?か…

夢二のミルク金時

昨日、餡子を炊きました…
スーパーで買った北海道産大納言小豆
紫芋餡・うぐいす餡・カボチャ餡・黒豆餡は作ったことがあるけど…
餡子の王道『小豆の粒餡』は初挑戦です!!
欠点豆3粒
炊く前にとりあえずハンドピック…
250gの小豆で欠点豆はわずか3粒!!
流石は『ホクレン』精選度が違います!!
土鍋で炊く
土鍋に水を張って小豆を入れ炊き始める……
爆発…
蓋をしてほったらかしたのが良くなかった…
小豆が爆発してしまいました…
弱火でコトコト炊くつもりだったのに…
メゲずに餡子作り
取り返しのつかない失敗にもめげず…
最後まで頑張って粒餡らしきものを完成させました。
ちなみに
砂糖は上白糖200g・三谷製糖さんの砂糖入り和三盆90g・白下糖10gを
使いました。
餡子と言うより潰れた固めの茹で小豆……かな。

そして今日この餡子を使ってかき氷を…
夢二特製ミルクシロップ
甘糀と牛乳をミキサーにかけて特製ミルクシロップを作る。
夢二特製ミルク金時の完成!!
粒餡たっぷりの夢二香房特製
『甘糀ミルク金時の完成!!
甘さ控えめ大人の味!?
小豆の風味も思ったより残ってる!!
甘さもちょうどいい感じ!!
なかなかの出来栄えです!!
最後は冷やし善哉
最後は冷やし善哉になった
もうちょっと甘くてもいいかも…

本気でかき氷屋を目指そうか……?

恋ごころのジュース

夏人参?の収穫
先日季節外れ?の人参を収穫しました…
普通に種を春に播いて今、枯れかけていたので収穫。
品種は恋ごころ
とりあえず暑いのでジュースにしよう…「飲み物がいい」
でもジューサーは無い…
で摩り下ろしてみました…
摩り下ろしてしまった…
ここで横から天の声が…
人参は熱を加えた方がβカロチンの吸収率が上がるって!」
又、人参アスコルビナーゼというビタミンC破壊酵素を
持っているらしく生のまま摩り下ろすとビタミンCが
大きく減るそうです…
輪切りにして甘糀を混ぜる
それならば…と薄い輪切りにして鍋で炊くことに
ついでに甘糀も入れてみました。
蓋をして蒸し煮
ヒタヒタの水を入れ蓋をして蒸し煮しました。
こういう時はタジン鍋が欲しいなぁ…
氷を入れて粗熱を取る
柔らかくなったら火を止め氷を2・3個鍋に入れ粗熱を取ります。
ミキサーにかける
それをミキサーに入れてスイッチオン!
水分が少なすぎてあまりうまく回りません…
完成……?
ちょっと味を見てみる…
……ビミヨー
ほんのり甘い人参そのもの…
ヨーグルトを入れる
アスコルビナーゼは酸に弱い」とあったので
ヨーグルトを入れてみました!!
そのままでも美味しいけど…
ちょっとドレッシングっぽい人参のピューレ?
もうちょっと甘くてもいいかもぉ…
でもこれだと「飲み物」じゃない…
牛乳で割る
牛乳で割って
『自家栽培無農薬無添加キャロットオレ』の完成!!
でも、
暑い夏に飲む清涼感いっぱいのジュースではなく…
栄養満点疲労回復の健康ドリンクになってしまいました!!

ちなみに『恋ごころ』というのは人参の品種です!!

酷暑の畑

毎日暑い日が続いています…
ゲリラ豪雨すら降らない毎日で畑は干上がっています。
仕方が無いので朝6時前に起きて水やりしてきました。
無残な玉蜀黍
ネットの上から鳥に食いちぎられたトウモロコシ…
なかなか見事な喰いっぷりです!!
そこそこ食べてます。
鳥や虫の食い残しを有り難く戴いています…
まぁまぁの収穫がありました。
無惨な茄子
喰い残しと言えば…
今年は茄子が大不作です…
全部こいつのせいです!!
ウジャウジャ
畑に行くたびに50匹以上殺してますが…
後から後から湧いて出てきます…
ピーマン畑
もう一つ大凶作の作物…
ピーマンです!!
雑草まみれですが…緑ピーマン2株とオレンジパプリカ1株
鷹の爪1株を植えているのですが…
鷹の爪
実が生ったのは鷹の爪だけです…
ピーマンは花は咲いているようなので…
これからに期待です…
カボチャは豊作
今畑で一番元気なのは…
カボチャです!!
トウモロコシ畑を越えトマト畑やさつま芋畑へと
勢力を拡大中で、
そこかしこで大きな実を付けています!!
写真はどれも宙づりです!!
やっと一番果
「実を付けた」と言えば…
全然育ってなかった小玉スイカ(1つは死にました)…
8月にしてやっと一番果ができました!!
もう8月ですが…
普通スイカの一番果は摘果するのですが…
つぎ生る可能性が低そうなので…
このまま一番果を育てます。
大きめの?ベットを用意しました…
果たして夏休み中に収穫することが出来るでしょうか???

和三盆食べ比べ

和三盆3種
本日より和三盆が無くなるまで…
夢二香房にて珈琲豆をお買い上げのお客様に限り
和三盆3種の味比べを開催中!!

味比べしたい!!』と言ってください。

でもその前に新しい事実が発覚!!
三谷製糖所さんの白下糖600g千円
こちらは三谷製糖所で買った『白下糖』というもので
この白下糖から糖蜜を抜いたものが和三盆になります。
裏を見ると…
悲しいけれど砂糖入り…
原材料の所に…讃岐産和三盆用甘蔗・砂糖とあります。
白下糖のできるまで
「地元の砂糖きびを厳寒の12月に取り入れて、作業
は夜中の午前1時頃より砂糖きびを搾り、その汁を
大釜に入れ煮詰めて出来たものが白下糖です。」
と書いてあるすぐその下に砂糖?????
「地元の砂糖きびを厳寒の12月に取り入れて、作業
は夜中の午前1時頃より砂糖きびを搾り、その汁を
砂糖とともに
大釜に入れ煮詰めて出来たものが白下糖です。」
とは書いていません……
三谷製糖所 和三盆300g千円
300g千円で買った和三盆糖には
原材料名も内容量の表記もありませんでした。
3社3様の味作り…
気を取り直して味比べに入ります…

色も3社3様違いますし味も3社3様結構違いがありました!!

まずは三谷製糖所さんの「手作り和三盆糖 特上品」
色は3社中一番白いです。
口に入れるとアッと言う間に消えていきます。
シュークリームによくかけてある「パウダーシュガー」のよう
ほんのり和三盆の風味が残ります。
珈琲で言うと「ブルマン(砂糖入りなのでブルマンブレンド)」
万人向けの高級品!!
突出した風味は無いけど、口どけ感やすっきり感はあり

岡田製糖所 和三盆100g350円
続いて岡田製糖所さんの「又ヒ 和三盆糖」
色は3社中一番濃いです。
独特の味がします。「これが和三盆の風味だ」と言われれば
「そうなんだ」と言う感じです。
実は店主が知っていた和三盆の味はこれでした…
でも、こんなにくどいと言う感じではなかったような…?
もしかして2番搾り?もしかしてオフィシナルム種?
珈琲で言うと「ハワイコナ(砂糖入りなのでコナブレンド)」
最近のコナ珈琲は純粋種でないものでも高評価を受けるものが
あるようです…
こだわりの高級品!
良くも悪くも個性あり、口どけ感やすっきり感はあるものの
美味しさの味わいは少ない。

服部製糖所 和三盆100g千円
最後は服部製糖所の「大無類 阿波和三盆糖」
色は2社の中間です。

正直これほどの差があるとは思っていませんでした!!
口溶け・風味・味わい・後口全てに明らかな差がある
これは美味い!!
竹糖100%の和三盆!!
甘く爽やかでまろやかな味わい!!
珈琲で言うとケニアキリニャガ!!
湧き上がる爽やかで濃厚な甘味はまさに不比等な味わい
正真正銘本物の和三盆です!!

この差を貴方の舌で実感して見てください!

ちなみに珈琲に和三盆を入れるのは止めましょう
和三盆を食べながら珈琲を飲みましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。