スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚愕の和三盆事情

28日の続きです…
四国上陸後『讃岐うどん』には目もくれず
一路東かがわ市の三谷製糖所を目指します。
和三盆3種
現在四国で和三盆を作っている製糖所は6軒あります。(店主調べ)
香川県の2軒=ばいこう堂と三谷製糖所
徳島県の4軒=岡田製糖所・服部製糖所・影山製糖所・友江製糖所
そのうちの3軒を回ってきました!!
三谷製糖所
まずは讃岐三盆の三谷製糖所さんへ
国道11号線沿いの電柱看板は三谷製糖所さんとばいこう堂さんで
埋め尽くしていました…
お茶と一緒に試食
お店の中では和三盆の製造工程のビデオが流れていました。
無料!お茶付きで和三盆の試食…
でも、この時店主の頭の中は竹糖ってどれや!!』で一杯でした。
和三盆(300g千円)と和三盆の素、白下糖(600g千円)を買う
竹糖畑
店の横にあった竹糖畑で念願の御対面!!……
『草やなぁ…』
笹みたい…
背丈50cmほどの笹のような細身の草です…
うちの畑に生えている雑草と変わらない……?
「1本引き抜いて持って帰りたい」と言う衝動をぐっとこらえ
徳島に向かう…
高松自動車道の板野インターを降りた所に…あった!
でっかいぞー…
徳島の竹糖畑??
でもこちらはもう既に2m近くに成長している
かなりの密植と牛糞の臭いで全然印象が違う…
讃岐と阿波でこんなに違うものなのか???
岡田製糖所さんへ向かう途中同じような畑が2・3か所
もっとありそうなもんなのに…
蓮根畑
目に入ってくるのは大きな大きな葉っぱと
大きな大きな花が印象的な蓮根畑ばっかりでした…
岡田製糖所
「阿波三盆と言えば岡田製糖所」というほどの超有名製糖所です。
広い敷地内には昔の道具が展示?してありました
藁葺屋根の母屋も風格があります!!
その藁葺き屋根の母屋の斜め向かいにこれまた
重厚な大きな大きな引き戸を開けた所が直売所です。
ナンで砂糖???
手に取った100g350円の和三盆糖の袋…
いつもの癖で裏返し…
原材料:砂糖黍、砂糖  んっ!!!!???
砂糖????
「何で砂糖が入ってんのぉ??」思わず売店のおねぇちゃんに
聞いてしまいました…………すると
竹糖だけでは甘味が足らないからです。」とキッパリ
それに怯まず店主は
「砂糖の入ってないやつは無いの?」と聞くと…
「砂糖の入っていない和三盆はありません!」
と、これまたキッパリ言われました…
「老舗の和菓子屋さんには持って行ってるくせに…」と
心の中で呟いて、その砂糖入りの和三盆を買いました。

100g千円
気を取り直して本日のメインステージ
最近見つけた服部製糖所さんへ
ホームページで熱く和三盆への思いを語っています。
なんとなく店主と同じ《匂い》を感じました…
服部製糖所さんの竹糖畑
服部製糖所さんはお店ではなく普通のお家なので
事前に連絡が必要だったのですが…
幹線道路沿いの竹糖畑と煙突で迷うことなく着いてしまったので
いきなりの訪問になってしまいました…
にも関わらず御主人・奥様・お母様・ワンちゃんの
手厚いおもてなしを受けて感激しました!!
さとうきびじゃないよ竹糖だよ!
色々聞いたお話の中で店主の心に深く刺さったのは…
インターを降りたとこにあった、「この時期既に2m近く成長している
砂糖黍は竹糖ではなく沖縄などで栽培されている砂糖黍だ」
ということでした。
竹糖はイネ科サトウキビ属シネンセ種で沖縄などで栽培されている
砂糖黍はイネ科サトウキビ属オフィシナルム種だそうです。
つまり、アラビカ種とロブスタ(カネフォラ)種ほどの差があり
同じ製法でも出来上がる和三盆は全く違うものになるそうです。

それなのに農林水産省はこの2つの別物を同じものとして
和三盆の原材料表示をサトウキビに統一しようとしているそうです。
ただでさえまがいものや混ぜ物が多い和三盆なのに
堂々と和三盆と名乗れる偽物を産みだそうとしているそうです…

服部製糖所さんには日本の食文化遺産ともいえる
竹糖100%の本物の和三盆を作り続けてもらいたいものです!!
その為にはやはり本物の和三盆の味を知ってもらうことが
重要だなぁ……
色々頂きました。
大無類印阿波和三盆糖100gと阿波三盆のあられ100gしか
買ってないのに…いっぱい色んなお土産も戴きました!!
服部さん本当に有難うございました。

久しぶりに逸品館に載せたい素晴らしいものに出会いました!!

夢二香房にて和三盆食べ比べ開催中!!
スポンサーサイト

頑張れ!宇高国道フェリー

夏休み3日目
娘たちを岡山に残し帰路につきます。
帰りは訳あって四国経由で…
今は1時間に1本
宇高航路廃止
このニュースを知ったのは今年の冬でした…
その後「高速無料化」実現時まで存続となりました。
宇高航路とは宇野港(岡山県玉野市)と高松港(香川県高松市)を
結ぶ国道30号線の海上部分で、瀬戸大橋開通後も値段の安さから
なんとか存続していた宇高国道フェリーです。

店主は子供の頃電車で岡山市へ「おでかけ」するよりも
この国道フェリーで高松へ「おでかけ」するほうが好きでした。
フェリー桟橋
そしてこのフェリー桟橋を車で渡ることが夢でした…!
(もちろんその夢はすでに叶えていましたが…)
それが無くなると聞けば乗らずにはいられませんでした。
高松丸
これが今回乗った「高松丸(二代目)」です。
運賃はなんと!!
軽四1台とその同乗者全て込み込みで
2000円ポッキリ
瀬戸大橋を渡るより断然安い!!!
いざ!入船
車で船に乗り込む時のワクワク感…
たまりません!!
船内
客室は寝転べるくらい長いソファー席とテーブル席
オープンエアーのサロンデッキ(上の写真)にはゲームコーナーあり!
子供の頃は動いてたキラビヤカナ噴水は蓋がしてありました…
屋上展望デッキ
こちらは屋上の展望デッキです。
優しい潮風に吹かれながら瀬戸内の島々を堪能できます!!
曳き波が好き
あと、この船だけだそうですが…
漫画喫茶もありました!!
約1時間ほどの船旅です!!
高松港到着
四国上陸のあと
和三盆の製糖所を3軒回り淡路島を通って奈良に帰ってきました。
和三盆の現況報告はまた明日…多分
≪おまけ≫
宇野のチヌ
10月31日まで宇野・高松近隣の島々で
『瀬戸内国際芸術祭2010』というのが開催されているようです。
写真は宇野港にあった漂流物(ゴミ)で作った
宇野のチヌ』です!

岡山にて

夏休み第1日目
第2阪奈→阪神高速→中国道→山陽道で岡山入り
松崎牧場
実家に寄る前に岡山市内の住宅街のはずれにある
松崎牧場さんのジェラートショップ『ジェヌイーノ』さんへ
口蹄疫の影響か?
岡山では牧場併設のジェラートショップが流行りの様です。
牧場は口蹄疫の影響で立ち入り禁止でした…
川を挟んで住宅街になっているのですが…
牧場の臭いは気にならないのでしょうか??
(結構臭かった…)
ジェヌイーノ
牧場と川を挟んで立っているのがジェヌイーノです。
平日の昼間なのに結構流行っていました。
ワッフルコーンダブル
紙カップダブル
お持ち帰り用のカップアイスはフレーバーも充実していましたが
その場で食べるほうはあまり店主の好みのものはありませんでした。
左の紫色は「大森一郎のピオーネ」で右は「プレミアムミルク」です。
どちらも普通に美味しかったです。
欲を言えばもう少し葡萄の味わいが欲しかった
トロフィーいっぱい…

そしてもう一軒…
夢どら
竹久夢二の生誕地岡山県邑久町に本店がある『敷島堂』の
実家近くの原尾島店で名物『夢どら』の白餡を購入
「幻の小豆 白小豆
白小豆餡
残念ながら備中白小豆ではなく北海道産の白小豆ですが…
1個126円という値段を考えると…
充分美味しかったです!!
岡山銘菓 夢二
こちらはシンプルな白餡のミルク饅頭『夢二』94円
竹久夢二本舗 敷島堂謹製
夢二のイラストをあしらったパッケージもいい感じ
今度から岡山土産はこれで決まりか??


渋川海岸の夕暮れ
そして今日のお宿『瀬戸内マリンホテル』に到着

ちなみに、2日目は朝から晩まで渋川海水浴場で泳ぎまくり

そして3日目に続く…


夏休みのお知らせ

トマト最盛期
誠に勝手ながら…
7月26日~29日まで
夏季休業とさせていただきます。

桃太郎
岡山に帰省します。
イエローアイコ他
帰りは四国経由で…
黄寿
2・3寄り道

夏本番虫も大喜び?

夏本番!
梅雨は明けたようです…夏本番です!!
今日は何故か?朝5時に目が覚めたので
朝から畑に行ってきました。
うちの夏野菜たちは真夏の日差しを浴びて嬉しそうでした。
虫に喰いまくられた葉っぱ
でも、嬉しそうなのは野菜だけではなく…
虫たちも夏の到来を喜んでいるみたいです…
天道虫ではありません!
今年はコイツが大発生しています!!
一見天道虫のようですがコイツは天道虫だましと言う害虫です!!
葉っぱは勿論実まで食い荒らします!!
幼虫
コイツは天道虫だましの幼虫で幼虫も葉っぱを食い荒らします。
葉っぱの裏にこんなに居るということは…
卵
これは天道虫だましの卵か???
こんなものがあちこちの葉っぱの裏側にありました。
チビカメムシ
天道虫だましほどではありませんが…こんな奴や…
バッタ
こんな奴もけっこういます…
この程度の虫害で枯れることは無いでしょうが…
茄子の実をキズだらけにするのは止めてほしい…!!

遂に!あの花が咲きました!!
初めて見た花
店主は今日初めてこの植物の花を見ました!!
めっちゃ小さくて菫色の可憐な花です!!
豆科独特の花びらです!!
正解は実の収穫時に……
分かった人は店主まで!!

カフェラテプラム

いよいよ梅雨も終わり夏本番です!!
毎年この時期に紹介している
『フレーバーシロップ
去年はルタンのパッションフルーツ

一昨年は『キーオーガニックシロップ』でした。
そして今年は…
究極のシロップ?
自然栽培!完全無農薬!!の自家栽培すももと氷砂糖だけで作った
究極の無添加フレーバーシロップです!!  販売はできません…
完全防備
去年初めて実が生ったうちの畑のすもも
今年は去年以上の実が生りました…約300個
完熟を待っているうちに鳥や虫(カナブン)に喰われ
どんどん減っていくので最後は防虫ネットで完全防備!!
樹上完熟!
なんとか250個ほど収穫できました!!
そのほとんどは生のままいただきましたが…スモモと氷砂糖だけ
少しだけ氷砂糖漬けにしてスモモシロップを作りました。
作り方は簡単!!ヘタを取ってよーく洗ったすももに爪楊枝でブスブスと穴をあけ
煮沸消毒した密閉瓶に氷砂糖と交互に入れるだけ!!
左は梅&李
そのまま常温で置き、氷砂糖が溶ければ完成です!!
写真左は冷凍してあった梅も入れた李&梅シロップで
写真右は李100%のシロップです。
あえて加熱殺菌をせずに瓶に入れました。
砂糖漬けのすももも美味しくいただきました!!

合成及び天然保存料・合成及び天然香料・合成及び天然着色料・クエン酸等の
合成及び天然酸味料全て無添加!!(自家製なので当たり前ですが…)
原料のスモモは農薬は勿論肥料や水さえ貰っていない完全自然栽培!!
氷砂糖の品質まではわかりませんが……

究極の無添加シロップです!!
そしてそのシロップを使った究極のメニューが……
これだ!
カフェラテプラム
カフェラテプラム 450円
夢二香房のえきすプレッソにクローバー牧場の特別牛乳
そしてほのかに香るスモモのフレーバー!!
将に不比等な逸品です!!

明日より期間限定発売!!(シロップが無くなるまで)
是非一度お試しください!!
かき氷のシロップとしても使える!!
ちなみにこのシロップ!炭酸で割っても美味しい!!
そして!かき氷にかけても絶品です!綺麗な淡いピンク色です!!
かき氷と言えば…
不比等珈琲シロップ試作中
珈琲シロップ試作中!!お楽しみに!!

来年の夏はかき氷屋か??

塩糀でラタトゥイユ

長い梅雨の出口がようやく見えてきました
今週末には梅雨は明けるそうです…
この長雨の影響で夏野菜もあまり元気がありません…
そこで暑い夏が来て夏野菜が豊作になることを祈願して?
ラタトゥイユを作ってみました!! (先日お客様にレシピを頂きました。)
材料全部
材料は自家製たまねぎ・自家製ズッキーニ(未受粉果)・自家製茄子(千両と大長)
自家製イタリアントマト・自家製にんにくと唐辛子(2年前にもらったやつ)
オリーブオイル・トマト水煮缶・緑赤黄オレンジピーマン
そして自家製塩糀です。
緑・オレンジ・黄ピーマンと鷹の爪は自家製のはずだったのですが…
(緑は大分産4個68円・カラーピーマンは見切り品1パック58円)
今年は全然育っていなくてやっと一番花が咲いたところです…
トマトはイタリアントマトの一番果が昨日初収穫でした。
夏野菜の下ごしらえ
上左:ズッキーニは輪切りにして塩糀をまぶして置きます。
上右:茄子は適当に皮をむいた後、輪切りにして塩糀をまぶして置きます。
下左:ピーマンは種を取り一口大に切って塩糀をまぶして置きます。
下右:玉ねぎは具用に大きめに切ったものと薬味用に薄く切ったものを作りました。
にんにくと唐辛子
ニンニクと唐辛子をみじん切りにして鍋に入れたっぷりのオリ―ブオイルを入れ
弱火にかけます。ニンニクが色づき香りが立ってきたら…
鍋で炒める
上左:薄切りの玉ねぎを入れしんなりするまで弱火で炒めます。
上右:厚切りの玉ねぎを入れ中火でさっと炒めます。
下左:水気を切った茄子とズッキーニを入れざっと炒め合わせます。
下右:トマトの水煮缶とトマトを入れます。
ピーマンだけフライパンで炒める
ピーマン臭さを飛ばすためでしょうか??
ピーマンはフライパンで塩糀炒めにしてから鍋に入れます。
蓋をして弱火で煮込んでいきます。
弱火でコトコト煮る
今回は野菜の食感を残すため煮込み時間は少なめにしました。
(随時味見したズッキーニの柔らかさで判断!)
スープを煮詰める
好みの硬さの一歩手前で火を止め具をざるにあけ煮汁を小鍋で煮詰めていきます。
ざるの具は元の鍋に戻しておきます。
もっと煮詰めても良かったのですが…
味見をしたら結構コクのある美味しいスープになっていたので10分ほどで終了
鍋に戻す
煮詰めたスープを鍋に戻し完成!!
完成!
夏野菜の旨味がギュギュッと詰まった素晴らしい逸品!!
鰹も昆布もチキンもビーフも全く入ってないのに…
こんなに濃厚で爽やかな旨味があるなんて…恐るべし夏野菜!!
もちろん糀も良い仕事をしてくれています!!
ラタトゥイユこのプロっぽい響きの料理が夏の我が家の定番料理に
なることは間違いないでしょう!!

次は全部自家栽培野菜で作るぞー!!

ケニア ムシャガラ

ムシャガラ新豆入荷!!
ムシャガラ新豆入荷!!
夢二香房と言えば『ケニアコーヒー』
ケニアコーヒーと言えば『キリニャガ地区』
キリニャガ地区といえば『ムシャガラファクトリー』

夢二香房にはなくてはならないマストアイテムです!!

しかし!!
今年はケニア入荷無しの危機でした!!
ケニアのオークション会場
今年のケニアは旱魃の影響でかなりの減産だったようで
いつもなら十数ロット出てくるムシャガラ・ンデミィ・ガチャミの
各ファクトリーのロットサンプルがあまり出てこなかったそうです。
また、大手輸出業者による買い占め?の為
落札価格も異常に高騰したようです。
(ここ数年ケニアキリニャガ地区のものは高騰しています)
この為いつもの価格では競り落とすことが出来ず。
今年は『おいしいコーヒー研究会』としての直輸入品は
無し!!
と言うことになりました…

ダンボールで来た!
でも!!
オークション開催中にケニアの輸出業者さんからオファーがあった
ムシャガラをケニア2アイテム欲しいうちの為に
押さえてもらっていました。
その豆がダンボール箱で入荷しました!!
箱にはDORMANSの文字…
てっきり輸出業者の名前だと思っていたら…
(輸出業者は輸出業者ですが…)
ロットナンバー
DORMANSは輸出業のみならず、ケニア有数の焙煎業者でもあり
スタバやドトールの様なカフェまで経営している
一大珈琲会社のようです!!
この珈琲生豆もナイロビの自社工場で最新の設備でパックされたようです。
開封前&開封後
15kg入りパックが立っています!!
ハサミを入れると…
プッシュウーぅーぅーぅーぅーという音がして
ロスナランホの時より長かった
立たなくなりました…
生豆
生豆はいつも以上に艶やかでとても綺麗です!!
肝心の味の方は…

やはり
世界最高峰!!
香りも味わいも素晴らしい逸品です!!
今月末までお値段据え置き!
今年も夢二香房の定番中煎りと中深煎りでの販売です!
値段の方は…
残念ながら去年の価格が維持できなくて…ゴメンナサイ
100g当たり550円での販売となります。
但し、今月末日(実質は8月1日)まで
お値段据え置きとさせていただきますので
是非一度世界最高峰の珈琲を味わってみてください!!

だし糀を作ってみました

先日お味噌が届きました。
いつもの大分の屋本店さんのお味噌です
2年前から半年に1回、半年分のお味噌買っています。
もちろんも一緒に買っています。
今回は
糀レシピ集
『温故知新のレシピ』と言う本(500円)も買いました。
その本の中に公開されていた『だし糀』なるものを作ってみました。
材料
材料は米150g・醤油300g・煎りゴマ90g・酒30g・味噌30g
我が家の定番醤油『藤野醤油』がなかったので貰いものの醤油を使いました。
これが300g入りだったのでこれに合わせて分量を変えました。
鰹節はレシピには入ってなかったのですが
だし糀』という名なので10gほど入れてみました。
焼き味噌&酒醤油
味噌は直火で炙って焦げ目をつけます。(木のしゃもじが焦げてしまった…)
酒と醤油は鍋で煮たてて置きます。
糀をすり潰す
すり鉢で糀をすり潰します。
糀は米なのでかなり硬く潰すのは大変でした。
胡麻をすり潰す
胡麻もすり潰します。レシピには「粘りが出るまでよくする」
とありましたが…途中で挫折してしまいました。
すり鉢ですり合わせる
ごま・糀・かつお節・焼き味噌をすり鉢ですり合わせます。
次に煮たててアルコールを飛ばした酒醤油を少しずつ
すり鉢に入れすり合わせていきます。
完成!
こんなかんじになれば完成です!!?
煮沸消毒した瓶に詰めて完成!!
自家製糀調味料色々
写真真ん中の瓶が「だし糀」です。
ちなみに写真左の瓶は甘酒です。(ミキサーで粒々をなくしました。)
その横は甘酒を30分ほど煮詰めた『甘糀』です。
一番右は今使ってる『塩糀』でその横は仕込中の『塩糀』です。

糀にハマって早2年…今年はさらに糀生活が充実します!!

雑草の中から…こんなものが…!!

梅雨はまだ明けてないようですが…
今日も30度超の暑い一日でした…
そんな中6時間も畑で雑草抜きに精を出してきました…

夏野菜の収穫も…
本日の収穫!
きゅうりが3種とも最盛期を迎えました!!
ズッキーニは黄色がやばそう…
茄子もそろそろ最盛期です!
かぼちゃが1個白カビが付いていたのでとりあえず収穫
トマトも収穫し始めました…
トマトの下の赤い実は???
ありえへん2ショット
苺です!!
梅雨も終わろうかというこの7月に苺の収穫です!!
雑草まみれの苺畑の中には…
5月中そこそこ楽しめた苺…例年のごとく秋までホッタラカシなので
夏の間は雑草まみれです…
今日は珍しくイチゴ畑の雑草も引いたのですが…
7月なのに…
雑草の中から真っ赤に熟れた苺が顔尾を出しました!!
この時期でも雑草の中は5月の陽気??
ちょっとすっぱかったけど美味しかったです!!

トマト畑2010
ついでに夢二の夏野菜2010-トマト畑のご紹介
今年は7種類のトマトを植えました
どれも水無し追肥無しで頑張っています!もちろん!無農薬!!
上の写真右端から
ミニトマト
5月頭に植えたミニトマト(品種は不明58円)
最初アブラムシに結構やられていたので心配しましたが…
何とか無事に育っています。
本日初収穫!
無事に完熟した6個を初収穫!!
イエローアイコ?
こちらもミニトマトですが…黄色のトマトです。
多分イエローアイコだったと思います…?
値段は忘れました…
本日の収穫!1個だけ…
黄色くなれば完熟です!玉子型の実です。
去年に続き2回目です。
黄寿
こちらは大玉の黄色いトマト『黄寿』です。
一昨年の秋に食べたあの味に感動して去年も作りましたが…
イマイチ上手にできなかったので今年も植えました!!
初生り君まだまだ青い
今年は順調に育っていますが…
果たしてあの味に再び巡り合えるでしょうか?
中玉オレンジ
こちらは中玉のオレンジ色のトマト
あのデルモンテの高級苗です!!
ちゃんと育ってくれています。
デルモンテのトマトです。
本日完熟実を初収穫!!
流石は高級トマト!甘くて美味しかったです!!
イタリアントマト
こちらは勢いで買ってしまった…イタリアントマト
日本の気候風土でちゃんと育つのか心配でしたが…
今のところ順調です。
完熟できるかなぁ…
イタリアのトマトは樹上完熟が基本のようですが…
果たして虫や鳥に食われることなく無事完熟できるでしょうか?
大玉の定番桃太郎
こちらは大玉の定番『桃太郎』です。
大玉なのに茎があまり太くないので
2本の支柱で支えていますが…
なんとかちゃんと育っています。
一番果は収穫済み
今日の朝追熟させた一番果を食べました!
普通に美味しかったです!!
赤アイコ
芽の出なかったえんどう豆の場所に植えた『赤アイコ』
最後に植えたのですが一番育っています。
結構食べてます。
結構生っていて結構収穫していますが…
完熟まで待つのが怖くて早めに収穫し追熟して食べています。

そう言えば先日『トマトの旬は10月』という記事を読みました。
それによると…露地トマトの旬は10月だそうです?
トマトは南米アンデス高原が原産なので
湿度の高い日本の夏はトマトの生育には不適だそうです。
空気が乾いて来てまだまだ暑い最近の日本の10月が
トマトの生育には一番合っているそうです。

一昨年の秋に食べたあの味も本当は10月のトマトだったから
あんなに美味しかったのかもしれません…!

よし!今年は全品種秋まで持たせて
秋トマトを堪能するぞー!!






スマトラ ブルーバタック

中煎りと中深煎り
新入荷から一月ほど経ちましたが…
インドネシア スマトラ島 ドロクサングル村産
『ブルーバタック』のご案内です!

毎度のことですが…
『マンデリンじゃないよリントンだよ!』

今回のスマトラは伝票には『スーパーマンデリン』の文字がありましたが…
ドンゴロス
ドンゴロスにはmanderinの文字はありません!
輸出業者はヴォルカフェの現地法人なので
このロットは欧米向けのロットだったのかも?
綺麗な生豆
今回のスマトラはマンデリン臭さが無いのは勿論のこと
生豆もとても綺麗です!!
(当店の基準でハンドピック率5%!!)
現地でのハンドピックの様子
現地でかなり厳密にやってくれているようです。

スペシャルティーコーヒーを扱い始めた10年前
『スペシャルティのマンデリンってあるのかなぁ??』
『重油で豆を乾燥さしてるような国やし、10年はないんちゃう』
という会話をしていたような記憶が…

この10年で珈琲生産国はかなり進歩しています!!

パルプドナチュラルという独自の精製法による
多少の重さはあるもののそれを感じさせない
濃厚なトロピカルフルーツの様な酸味!!
やはりこのフレーバーがスマトラのスペシャルティでしょう!!

バタック族の方
この珈琲はスマトラ島のトバ湖北側のドロクサングル村で
先住民『バタック族』が栽培しているそうです
火山性土質で赤道直下の高地産珈琲!!
不味い訳が無い!!
トバ湖
インドネシア スマトラ島のスペシャルティを堪能して下さい!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。